営業とは-私のミッションについて気がついたお話し・・・

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

「売り込まないであなたのお店を7ヶ月待ちにする仮面ライダー好き営業コンサルタント」の 上神谷(カミカベヤ)裕治 です。

私にもコンサルタントの先生がいて、先日それを受けていたときに「気がついたこと」の話しをします・・。

私はニュースレターというお手紙を使って、外壁塗装にご興味のある方を集め、その方たちに営業をしていく・・というスタイルでやっているのですが、

「上神谷さんの使命(ミッッション)って・・何だろうね?」という話しになりました。私は「困っている営業マンを助ける」「外壁塗装で困っている方を助ける」という答えを出したのですが・・

今、あなたに100億円があったら・・・?なにをする?

「今、自分に100億円が与えられたら・・何をしますか?自分のことには使ってはいけません・・」という問いが来たのです・・。

とっさに答えられないといけない!・・という時間制限も設けられてしまい「う~っっ・・!」とうなりながらも・・

「そのお金をたくさんの営業マンにあげて(売るチカラ)をつけるための勉強をしてほしい・・・」

って、とっさに出ました・・・ここで気がつきました。とっさに降ってきた思考というか、気持ちに・・・。

「私は人に『生きていくチカラ』を身につけて欲しい」

そう思っていたんだ・・と。

現在53歳の私が40歳のころから思いはじめたことなのですが・・

「ものを売るチカラ=生きていくチカラ」ということです。

人はモノやサービス、技術、知識、経験・・・こういったものを「それを欲しいと言う方に売って」対価を得て、それで生きています。そもそも「働く」ということはそういうことです。

例えば私でしたら、職人時代でしたら外壁塗装の技術を「お客様に提供して」それで対価を得て生活をしている。

営業という立場でしたら、お客様に「外壁塗装そのものを」お勧めして対価を得ている・・。

つまり「欲しい人に、欲しいものを提供して対価を得る」ということをして、それが自分の収入となり、それで生活がなりたつ・・というわけです。

お金というものがなくても生きていけるかもしれませんが、全く無いと生きていけません。

お金を頂くには「何かを提供できるチカラ」がないといただけない・・そして、お金がないと生きていけないということは「モノを売るチカラ=生きていくチカラ」なのです。

このチカラを身につけた人は、絶対に生きていける。自分で何かを商品を仕入れて、あるいは自分の特技や知識や経験を、それを「欲しい」という方に提供して対価を得ることができるから・・だから生きていくには絶対に必要なチカラなのです。

これからは個人で生きていく時代です・・。

個人で・・という働き方がここ5年くらいで急激に増えています。私もいわゆる「個人事業主」です。

好きなコトを仕事にして行く・・というスタイルの方が増えていきます。会社に属せず、自由に働いて生きていく。私の通うコンサルの仲間もそういう方たちばかりです。それか「どこかに属しながら、副業で」というスタンスの方もいます。それだって、副業を属している会社に頼っているわけではないです。だからそこは自分だけでしっかりとやっていくわけです。

こういう生き方を選択した時点でもう「ものを売るチカラ=生きていくチカラ」ということになります。だって会社の属していないのですから、お給料をいただけません。

自分で売って自分で対価を得て生活していく。生きていくわけです

確かに会社に属して「自分の能力」を会社に提供してそれで給料をいただいて・・そういう生き方でもいいと思います。でも、よく考えると「その会社はいつまであるかわからない」のです。そういう時代です。

社員一丸のちからをもってしても、力及ばず、無くなっていく会社も多々あるわけです。

そういう不安定な時代だからこそ、自分で生きていくチカラを身につけないといけないのです。

私は一緒に働いている営業マンに「独立」をすすめています。ここでたくさん勉強していずれは一人でやっていくようだよ・・私の方が10コも年上だし・・あなたの方が私より長く働いて居られるからね。ココを継承するにしても、自分の地域で商売をするにしても、どっちみち一人になっていくわけだから・・・。

それは彼も思っているようでした。1,2年後という近い未来では無くもっと先の話・・ですが、それでも一人でやっていくぞ!という気持ちがないと心の準備と、知識、情報は入ってきません。間際になってからではそういう気持ちにはなれません。むしろもう今からそういう視点でみて仕事をしてもらいたいのです。

私の娘が、私の会社を継げばまたわからない話しですが・・・でも、そういうことになるかは言い切れませんから。やっぱり彼は自分でがんばって行った方がいいわけです。

だから営業をしている方は強い!

だから営業をしている方は、このチカラを手に入れられるということになります。だって、自分の商品やサービスを提供しているわけですから・・。それで会社から対価を得ている・・生きていけるわけです。

成果がでなくて・・でもなんとかしたくて・・って思っている営業マンはたくさんいると思います。でも何をどうしたらいいのかわからない・・このままでは自分の居場所がなくなってしまう・・。

そんな風に困っている方のチカラになってあげたい・・「生きていくチカラ」をつけることをお手伝いしたいのです。

私のミッションは「すべての人に、生きていくチカラを身につけさせる」ということです。

営業職の方はもちろん、何かの作業をしている人でも、会社にそれを提供するのでは無く、自分の力でその作業を必要としている方へ、会社ではない誰かへ提供していけるようになる。

知識、経験、趣味・・だってそう。それについてほしがっている方を見つけ出し、提供してあげる・・それが対価になる。

「仕事」というものをしている方、すべてに言えるのです。絶対に身につけていれば将来安心なのです。絶対です。

そしてなにより「欲しかった方の手元に届いて、その方がそれを喜んでくれる」のが嬉しいじゃないですか! 

こまっている方に使ってもらって「ああ、買って良かった」っていって喜んでいただけるなんて、最高じゃないですか!そして自分は対価をいただける・・

これは「作業だけ」しているということでは味わえない感覚です。作業というのも大事な仕事です。ですがやっぱり自分で工夫してお客様を集めて、そのお客様にあなたの言葉でご説明が出来て、あなたから買う!!行ってくれるときのうれしさ・・・。

これはなかなか難しいのです。でもだからこそ成就したときは本当にうれしいのです。どうせ仕事を、営業をやるならお客様に喜んでいただきたい・・自分の工夫や研究や勉強や実践の行き着く先が「お客様の笑顔」と「対価」で・・・こんなに素敵な仕事はないですよ。

でも辞めようと思っている方もいると思います。最終的には辞める・・というのも選択肢に入ってもしかたないと思います。行動を起こす方の気持ち一発ですから辞めるなら引き留めはしません。でも、せっかくの「生きるチカラを身につける」という点では諦めない方がリードしていきます。

これから絶対に必要になるチカラですから、絶対に見つけて置いて損はありません。

そのためになら私も全力でお手伝い、アドバイス、サポートしていって「その人の笑顔が」「購入してよかった」といただけるようになってほしい。私の外壁塗装がそうであるように・・。

来年はそういう方が一人でも多く出ることを祈っています。お手伝いさせていただければ・・と思います。

 

では、今回の記事はここまでです。次回もまたよろしくお願いします。いつもよんでいただいてありがとうございます。

※ 動画を撮影しました。「ニュースレターを書いていると、こんなに良いことがあるよ!その3つのポイントとは?」と題して、お話ししています。

上の動画と合わせてご覧くださいね! 役に立ったら高評価お待ちしています!

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいただいています。

営業で「感謝される」売り込みのコツって!?それはとても簡単なことなのです・・・。

私の潰瘍性大腸炎の原因になっていた?こんな考え方があるとは思いませんでした。

4月10日から12日まで入院していました・・・。過去の自分を振り返ってみました。

悩んでいるなら、まずはやってみる!見切り発車で人生変わります!

 

 

 

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です