仮面ライダーブラックRXの最終回はうれしかった?倉田てつをさんの過酷な撮影エピソード

%e5%80%89%e7%94%b0%e3%81%a6%e3%81%a4%e3%82%92

昭和の最後の仮面ライダーである仮面ライダーブラックRX。ぼくは個人的には「シンプル」なライダーが好きなので、このブラックRX、そしてその前のシーズンの仮面ライダーブラックはとてもデザイン的にも好きでした。

その仮面ライダーブラックRXの最終回、仮面ライダー1号からすべての昭和ライダーが集結!そして仮面ライダー初の「フォームチェンジ」をとげるRXの別フォーム、ロボライダー、バイオライダーも現れての総力戦でした。実は仮面ライダーブラック、そしてRXはほとんど見ていないんです。ただ、この最終回だけはみていました。

[ad#ad336]

この最終回をもって仮面ライダーというヒーローの存在はなくなります。1989年9月のことでした。ここから後の平成ライダーと初めて呼ばれる「仮面ライダークウガ」が誕生するまで11年の月日がながれていくわけです・・。

それにしてもライダーが終わってしまって、ファンはさぞかし寂しかったのでは・・・とおもうのですが、この方はもしかしたらとっても喜んでいたかもしれません・・。

その方はほかならぬ 仮面ライダーブラックRXこと南光太郎本人・・倉田てつをさんです。

とにかく過酷な撮影に弱音を吐きまくる主人公

とにかく仮面ライダーブラック、RXの撮影は過酷を極めたものだったそうです。

週刊ジョージアという雑誌に倉田てつをさんのインタビューを載せているので、それを読んだのですが・・・。

収録がある日は24時まで撮影、帰宅は午前1時。そして次の日の撮影として午前4時には撮影に向かう・・・この仮面ライダーは好評だったこともあり2年つづきます。ですので、この状態が2年間続いたことになります。

そして倉田てつをさんはこの仮面ライダーブラックが俳優デビュー作。右も左もわからないまま撮影に臨むのですが、監督がとてもきびしかった。怒るとか、バカヤローみたいな怖さではなく、もっと深い怖さというか・・。演技に対して厳しい怖さだったそうです。

ただ歩いてくるだけのシーンが何テイクも続いて・・・。倉田さんがどうやってもOKがでない・・。おしえてくれませんか?と言っても「それは自分で考えること・・・役者をやっていくなら・・」と突き放される。

手探りの状態でわからないながらも歩くのですが、なんどやっても「はい、もう1回・・・」となってしまい30回もNGに。これはかなり堪えたでしょうね・・・。役を降りたい・・・自分が主役ではこの作品のためにならないのでは・・・とさえおもったそうです。

でも、それはマネージャーの一言で吹っ切れました。

「好きにすれば・・・」

マネージャーにもつきはなされたおかげで逆に「このまま降りたら自分は終わってしまう」と。だから、だめでもやってみよう!と・・・。

4時間・・・OKがでるまでかかったそうです。

でも、そのブラックの第1話の撮影から1年後のRXの第1話の撮影で「少し成長したね」と言われたときはみとめられた・・・と実感できたそうです。

こういった失敗、倉田さんの原動力になっていることはまちがいないですね!

 

 

 

 

こちらの記事を読まれた方は、これらの記事も読んでいます!

仮面ライダー1号はしていなかった?実は仮面ライダー2号が ”初”だったこととは…? 

仮面ライダー 第1話の視聴率とウルトラマンの第1話の視聴率の歴然たる差はこんな理由があった!

仮面ライダー 変身ポーズ 変身シーン ぼくの中のTOP5を公開します!

仮面ライダー 変身ポーズ 考えるのは殺陣師?実はこんな人も変身ポーズを考えているんです…。

 

[ad#ad336]

 

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です