仮面ライダーブラックの最終回が俳優人生の最終回と思っていた・・・。倉田てつをさんが語りたがらない黒歴史とは?

%e4%ba%8c%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%85%89%e5%a4%aa%e9%83%8e

仮面ライダーブラックと仮面ライダーブラックRX。仮面ライダー史上、2年連続で同じシリーズが制作された類を見ない仮面ライダーです。

その主人公 南光太郎を演じた倉田てつをさん。しかし、その仮面ライダーブラックであった期間は、想像を絶するほど大変な役だったうです。

[ad#ad336]

倉田てつをさんの黒歴史?

ブラックの撮影が終わったら・・・役者をやめる・・・

週刊ジョージアという雑誌のインタビューの中で・・・

心底、本気で倉田てつをさんはおもっていたそうです。それだけ高い演技、レベルを求められていたとも言えます。

撮影が続く間はずっと平常心じゃいられなかった・・・本当につらいご経験だったそうです。

しかし・・・一人の少女の一言が彼を振るい立たせるのです・・・。それは交通事故にあった少女です。

「病院のテレビで毎週見ているブラックにいつも勇気を貰えるんです」

自分のような人間でも、ひとりの人間に勇気や夢を与えられる・・役者って良い仕事だな・・」

その出来事がきっかけで俳優をつづけてくることが出来たとのことです。

仮面ライダーブラックRxが終了したあとの俳優としての活動で、有名なのはNHKの朝ドラ「君の名は」。ここでもオーディションに勝ち抜き主役の座を射止めるのでした。しかし倉田さんは戸惑っていました。

それは南光太郎のイメージが強すぎて、それ以降、他のどんな役やっても、仮面ライダーブラックや、南光太郎がついてまわる・・・ことでした。

「君の名は」のイベントに行けばサインに「南光太郎って書いてください」と言われるし、

朝ドラの取材にきている記者に「ブラックのときのこと」を聞かれるし、

時代劇にでても「変身ポーズ」やってください!と言われる始末・・・

これはホントにイヤだったとのことです。仮面ライダーといえば子供番組。どこか「かっこう悪い」「はずかしい・・」というのがあったのではないでしょうか?

こうして仮面ライダーは倉田てつをさんの、半ば「黒歴史」のような存在になってしまいました。

そのイヤな思いが無くなってきたのは本当に最近だそうです。倉田さんは今47歳ですが、40歳まではイヤだったそう・・・仮面ライダーを撮影していたときからですから20年近くブラックのことはあまり触れて欲しくない過去・・・だったそうです。取材でも聞かないようにとNGにしていたほどです。

でも明らかにそれはなくなっていますよね・・・でなければ、平成の世の仮面ライダーに出演し、冒頭の「W光太郎」の同時変身なんてことはきっとしてくれなかったでしょうね。

決して黒歴史ではない。仮面ライダーブラックとRXは倉田さんの代表作。誇れますよ!この同時変身は仮面ライダーディケイドでの一幕ですが、こんなにファンを熱くさせる同時変身は他にないです。どこが・・・といいますと、この二人は本来一人のキャラクターですから、二人並んで変身は絶対にあり得ないんですね。

ディケイドのパラレルワールドのなかだからこその実現です。これをみて胸を熱くしない仮面ライダーファンはいないでしょう!

そして

w%e5%a4%89%e8%ba%ab

左の仮面ライダーブラックRXと右の仮面ライダーブラック。こんなレアで豪華な同時変身を見られて、仮面ライダーディケイドのスタッフに感謝します!

勇気と希望をあたえてもらっているファンは数限りなくいます。今でこそ仮面ライダーと言えば「俳優の登竜門」みたいなところがありマスが、当時はこんな理由で隠したがる主人公もいたんですね。

 

動画をご紹介します。この写真の一コマが含まれているかっこいい動画です!あり得ない二人の仮面ライダーブラックとRXの夢の共演です。

「おおーっっ!!」という感じになりますねよね!

 

 

 

あわせて読みたい! おすすめ記事!!

仮面ライダーブラックRXの最終回はうれしかった?倉田てつをさんの過酷な撮影エピソード

仮面ライダー1号はしていなかった?実は仮面ライダー2号が ”初”だったこととは…?

仮面ライダー 第1話の視聴率とウルトラマンの第1話の視聴率の歴然たる差はこんな理由があった!

仮面ライダー 変身ポーズ 変身シーン ぼくの中のTOP5を公開します!

仮面ライダー 変身ポーズ 考えるのは殺陣師?実はこんな人も変身ポーズを考えているんです…。

[ad#ad336]

 

 

 

 

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です