仮面ライダーアマゾンズ8月10日放送分&8月17日放送分 第6話 第7話 録画を見られました、やっと・・。

%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%82%ba

ようやく、仮面ライダーアマゾンズ 8月10日放送分&8月17日放送分 第6話 第7話 録画を
見られました。
第6話では鷹山仁の謎が少し見えましたね。自分でアマゾン細胞を取り込んでアマゾンになった・・・でも、どうして?なのでしょう・・・?アマゾン細胞を生まれさせてしまったのは自分でもあるからでしょうか?アマゾン細胞の研究をしてた彼だから・・・? 彼は言います
「オレ、責任感強いから・・・・」
なんか、軽々しく聞こえるので本当なのか、なんなのか・・?でも・・。

[ad#ad336] そして悠のお母さん 野座間製薬の本部長でもある令華が意味深なことを鷹山仁に言っていますね。
「あなたとも実験体とも違う・・・悠は第三のアマゾン・・・」
第3のアマゾンって・・・?悠は第1話で言われていたのが2年前まで寝たきりだった・・・ということでしたね。それがアマゾン細胞のおかげである意味普通に生きられるようになった・・・・。
きっとここが関係していると思います。アマゾン細胞にはそういう病気を直すこともできるのかも・・作っているのが製薬会社ですし・・・。そういうのを作るのはわかる気がします。
同じアマゾンでも仁と実験体と悠・・・違いは何なのでしょうか?悠とほかの2種類はそういった意味で違うのはわかります。では仁と実験体は何が違うのでしょう?アマゾンズドライバーの有る無し?アマゾンズレジスターの有る無し?ここが人を食らうことととそうでない仁との違いでもあるのでしょうか?
第3のアマゾン・・・仮面ライダーアマゾンズのホームページを見ていると、いやがおうなしに先のストーリーがネタバレになってしまうのが玉にキズなのです。一度総て放送は終わっているわけですから、そうならざるをえない部分もあるのですが・・・
できるだけぼくは見ないように、知らないようにしているのですが、知ってしまった情報ですと、これからあたらしいそれこそ”第3のアマゾン”仮面ライダーアマゾンシグマが出てきます。

これは
死んだ人に新型のアマゾン細胞を移植して生み出された人間が変身するアマゾン。病気を治す・・という意味合いでは近いものがありますので、悠はこの形態にちかい・・・と言いたいのかもしれませんね。
それと第7話。ようやく「戦う目的」見いだした悠ですが・・・「守るものはまもり、狩りたいものは狩る!
ぼくが狩るのはアマゾンだけとは限らない!!」と言い切った悠。ですが・・・モズアマゾンとの戦いで
人間体にもどってしまったモズアマゾンにとどめをさすことが出来ず、逃がしてしまいます。
悠の「狩りたいもの」とは・・・?彼の基準というか・・どこで線を引くのか?情に流され、この「線引き」があいまいになってくると、いろいろな意味で危険です。だからこそ仁は一匹残らずアマゾンを駆逐すると言っているのです。
「そんなあまちゃんでできるのか?」
案の定、仁に言われてしまう悠。次回はその「基準」が余計にあいまいになってしまい、ジレンマを抱えてしまう悠や駆除班の面々・・・という回みたいですね・・。それと地下室に閉じ込められて火を放たれたマモルと望の運命は・・・?
次回は8月24日(水)pm10:30ですね、tokyomxで見ている方は。
BS朝日の方は21日(日) 深夜1:00からです。
しかし・・「大人の仮面ライダー」ですね~。どんどんはまって行ってます・・・。ニチアサの仮面ライダーゴーストや、秋からの仮面ライダーエグゼイドはそれはそれで面白いですが、やっぱり子供寄りに作られているなあ・・思いますね。対比する作品があるから余計にお互いの作品がそう思うのでしょう・・・。

 

 

 

 

 

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です