絵本で仮面ライダーの本って?何かおすすめのものってある?

仮面ライダーゴーストのこども向けの絵本ってあるんですね。
ちなみに

仮面ライダーゴースト(仮面ライダーゴーストたんじょう) [ 川上裕生 ]

価格:540円
(2016/4/19 15:18時点)
感想(2件)


こういったのも絵本っていうみたいですね。子供に買ってあげていますが知りませんでした…。
でも、こういうのではなくて、かといって仮面ライダーゴーストの物語を絵本にしたものでもなくて、
オリジナルなストーリーのまさしく絵本があるんです…。

それが、
ぼく、仮面ライダーになる!ゴースト編です。

ぼく、仮面ライダーになる! ゴースト編 [ のぶみ ]

価格:1,188円
(2016/4/19 15:24時点)
感想(4件)


絵本作家ののぶみさんといえば、元暴走族の総長で、最近では賛否両論だった絵本
「ママがお化けになっちゃった」

ママがおばけになっちゃった! [ のぶみ ]

価格:1,296円
(2016/4/19 15:33時点)
感想(164件)


という本で有名ですね。少し前、テレビで取り上げられていました。そんな、人気の絵本を書く人が、仮面ライダーゴーストを取り上げてくれるなんて、なんかうれしいです。仮面ライダーのファンとしては。
物語の中でも、かんたろうという主人公の男の子に襲いかかる怪人も、ぼくらお父さん世代のおなじみの怪人たち…これは大人には懐かしさもあり、そして子供たちも楽しめる。親子で読める絵本だと思います。
お父さんって読み聞かせ、なかなかできない…なんていう方も結構いると聞きます。
忙しい…
なんかこっぱずかしい…
上手く読めない…
これはママの仕事だと思っていませんか?
実は、子供の中にもそういう読み聞かせというのは「これはママのしてくれること」という感覚があるそうです。だから、お父さんが読み聞かせをするということは、子供にとっては特別感があるので、それだけ集中して聞いてくれる。お父さんが読み聞かせをするということは、おかあさんがそれをするより3倍もの学習効果があるそうです。
我が子を頭のいい子に育てるには、おとうさんの読み聞かせ、どうやら重要みたいですね!子供も、お父さんもすきな仮面ライダーの絵本なら、子供もより集中して聞いてくれるし、お父さんも読んであげやすいはずです。
そしてゴースト編だけではありませんよ。その名のとおり、これはシリーズで作品がありますので、
こちらや

ぼく、仮面ライダーになる! [ のぶみ ]

価格:1,188円
(2016/4/19 16:18時点)
感想(41件)


こちらの オーズ編

ぼく、仮面ライダーになる!(オーズ編) [ のぶみ ]

価格:1,188円
(2016/4/19 16:18時点)
感想(66件)


こちらのドライブ編

ぼく、仮面ライダーになる! ドライブ編 [ のぶみ ]

価格:1,188円
(2016/4/19 16:19時点)
感想(3件)


そして、ウィザード編、ガイム編、フォーゼ編と揃っています。子供に読み聞かせもしてあげたいですが、それぞれがどういう物語なのかも、なんか楽しみですね。まさか、同じストーリーなわけがないでしょうから。
それぞれの絵本の楽しみ方があると思います。
ehonnaviというサイトで、こちらの作品 「ぼく、仮面ライダーになる ゴースト編」を読まれた方のレビューがのっていましたので、載せてみました。
この作品、仮面ライダーすきな男の子と、仮面ライダーすきなおとうさんのいいコミニュケーションになりますね!
みなさんの感想です

 

 

 

 

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。