2016年 秋 の新仮面ライダーはどんなデザイン?顔? 色は? 今までで最初の印象ががっかりだった平成ライダーを書いてみよう!その2

2016年秋には新しい仮面ライダーが始まりますね。でも、考えてみたんですけれど、この場合、2017年度の新仮面ライダーというのでしょうか?
前回の記事ではこれから新仮面ライダーもでてきますし、
いままででファーストインスピレーションで「がっかり感のあった」平成ライダーを書いてみようということで
仮面ライダー響鬼までかいてみました。
こんかいはその次、仮面ライダーカブトから書いてみようかと思います…。

仮面ライダーカブト→ → → カブトムシがモチーフというのは、昭和ライダー ストロンガー以来ですね。でも、そこは平成ライダー、デザインは洗練されています。赤と黒のボディーに青い目という、相当お気に入りのカラーリングですね。
仮面ライダー電王 → → → 最初ソードフォームをみた時に「あれっ?」という感はありました。ですが、イマジンたちの個性豊かなキャラにどんどん引き込まれ、モモタロスなら、あのデザインでもまあ、いいか?という感じになりました。
でも、4人のイマジンが全て憑依した「クライマックスフォーム」はちょっと…というかんじの出来だったとおもいます。ですが、この作品はおとうさんたちの世代には人気があるのはやはり、女性陣がきれいな方ばかりだったから?ではないでしょうか?
良太郎と旅をするハナ、デンライナーの客室乗務員のナオミ、そして良太郎の姉 愛理と、女性陣の可愛さは結構高かったんのではないでしょうか?残念ですが、ハナ役の白鳥百合子さんは引退されてしまいました。この方が平成ライダーのヒロイン史上、一番きれいだったと思います。
仮面ライダーキバ → →→ 西洋の妖怪たちをモチーフにした下部たち、仮面ライダーにはドラキュラをモチーフにした画期的な作品でしたね。過去と現在が同時進行する物語にすこし、混同してしまうところもありましたが、楽しくみられた作品でした。主人公の紅渡を演じた 瀬戸康史くんはNHKの朝ドラ あさが来たにも出たりと
本当に活躍されていますね。ライダーから巣立っていった俳優さん、女優さんたちが活躍している姿は、見ていてほほえましくもあり、応援したくもあり…じぶんが育てたようなことではないけれど、なんか、誇らしくもあったりします。
仮面ライダーディケイド→ → → 平成ライダー史上、一番ファーストインスピレーションがカッコ悪かった仮面ライダー。えっ?スイカ?と思わせるようなデザインにかなりひいてしまいました。最強フォームであるコンプリートフォームはもっと引いてしまって…。
平成ライダー10周年といういわば「お祭り騒ぎ」のような作品。ディケイドは全ての平成ライダーに変身でき、その能力を発揮できます。そこは見ていてやはりたのしかったですね。従来の仮面ライダーと違い放送期間は半年とみじかいものでしたが、スーパー戦隊ものと新作の時期をずらしたいという意図がありました。
仮面ライダーW → → → 二人で一人の仮面ライダー。ぼくらお父さん世代は「バロム1じゃん!」と思った方も多いのではないでしょうか?仮面ライダーディケイドの映画でディケイドのピンチに助けに来る新しい仮面ライダーとして登場! ここから、この登場パターンが出てきました。以降、現ライダーの映画で新仮面ライダーが助けにくるというパターンは続いていきます。でも、それが必ずしも映画ではなくなってはきますが・・・。最強形態であるサイクロンジョーカーエクストリームがチョット今一つ・・・だったのですが、
秀逸なのは左翔太郎ひとりで変身する「仮面ライダージョーカー」。真っ黒なボディーに紫のライン・・・仮面の真っ黒さに対し、おおきな真っ赤な目・・・。とてもシンプルですが、だからこそカッコいいと思いました。
動画です ↓  ↓  ↓  ↓

フィリップと翔太郎の2人がそれぞれ3種類ずつのガイアメモリを持っています。そしてそれらの組み合わせで仮面ライダーwとなりますので、3×3で9通りのフォームチェンジができるので、これはおもちゃをうるには
かなり良い戦略かな・・とも思いました。

 

仮面ライダーオーズ → → → そのおもちゃの戦略がもっとすごいのがこの仮面ライダーオーズです。オーメダルの組み合わせで幾通りも変身が可能。頭部5種類のメダル(鳥系、野獣系、昆虫系、水棲系、重量系)×腕部5種類のメダル×脚部5種類のメダルに、
独立した恐竜系のメダルで変身するプトティラコンボ、オレンジ色の爬虫類系のメダルで変身するブラカワニコンボ、タマシーコンボ、スーパータトバコンボということで全組み合わせは129通り。もちろんこれらが全部おもちゃになったわけではないですが、すごい数です。後にも先にもこれだけ変身パターンがあるのは仮面ライダーオーズだけでしょうね。それと初登場の仕方もやはり、仮面ライダーWの映画でした。wが先を急がなければならないのに、行く手を阻むドーパント。そこに1つのメダルがコロコロと転がってきて・・。
「ライダーは助け合いでしょ!」とWを先に行かせドーパントに立ち向かう火野映司。オードライバーに3枚のメダルをセット!「スキャニング・チャージ!!」の音声とともに変身!おお!これが新ライダーか!と感動してみていると・・・
「タカ・トラ・バッタ!タ・ト・バ・タトバ・タトバ」
・・・え~っ、なにこのダサい歌!歌が流れるの!? 衝撃でした・・・でも、見ているうちに慣れましたけど・・・。
その模様を再現したコマ撮りの動画です ↓  ↓  ↓


と今回はここまでにしておきます。次回に続きます。

 

 

 

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。