飛び込み営業が辛くなくなる!売れるニュースレターの書き方 たった3つのコツ

外壁塗装の飛び込み営業で辛い目ばかりにあっていたぼくが、不安な中で書き始めた「お住まいの塗装の情報誌 ニュースレター おまかせください!!」・・・

今ではこれがないと、ご契約までたどりつけない・・・そこまで重要な「大切な方へのお手紙」となりました。

毎月1回、お住まいの塗り替えについてのお得なこと、気を付ける事項、現場の作業者としての経験などなど・・・外壁塗装について、ご提供出来る情報をご提供していこう・・・そんな思いからはじめました。

とにかく、この外壁塗装というものは「10年に1回のイベント」ですから、前にやったことのある方でさえ、その時のことがうろ覚えになったり、ましてやはじめての方にはとにかく、何からはじめよう?・・という状態の方が多いのです。

ですから、できるだけわかりやすく を念頭に 毎月1号づつ作っています。今では市内で350通くらい読んでいただいています。ありがたいです!当然ですがOBのお客様にもお渡ししています。

 

そしてこのニュースレターの書き方なのですが、基本的には書き方は自由です。

自由ですが、注意することがあります。それが「売れるニュースレターにする3つのコツ」

です。

 

たった3つの注意点で「売れるニュースレターに大変身!」その3つの書き方とは・・?

ニュースレターを書く際に注意していただことが3つあります。その一つ目・・・

「売り込まない」

です。そもそもニュースレターは「情報誌」という位置づけです。ぼくのような外壁塗装を提供する業者なら、「後悔しない外壁塗装とは?」や、「お値段だけでなく、お見積もりはこんなところをみてくださいね!」とか、「外壁塗装をやるとこんなにうれしくなるんです!」ということで、お済みになった方のお声とか・・・・そんな情報をお送りしています。

これが町のパンやさんなら「焼きたてパンのおいしいさを次の日も味わう方法」とか、「上手なパンの保存の仕方」とかになると思います。

これを「○○坪の家 一式○○円!」などと書いてしまうと、それは「チラシ」になってしまいます。また「お見積もり無料受付中!」等と書いても同じです。

チラシと判断された場合、それはあっという間に読まれなくなります。お客様の本音は

「売り込みにやってくる煩わしい営業マンに会わずして、有益な情報を手に入れたい」ということなのです。

インターネットで調べるのもそういうことですよね。

読み続けていただくには売り込んではいけないのです。「煩わしい営業マン」にならないように送っているニュースレターそのものを「煩わしい営業マン」にしてしまってはいけません。

二つ目は・・・自分のことを書く」

商品を売り込んではいけないと言いましたが、あなた自身のことは「売り込んだ方が良い」です。

売り込むと言っても

「これを書いているあなたはどんな考えでこの仕事をしているのか?」とか、

「こんなお客様にあって、とてもうれしかった・・」とか、

あなたの家族のことや、その家族とのおもしろかったやりとり、旅行に行った事などなど・・・。

今のうちのニュースレターはこういう話題、結構書いていまして、これを一生懸命読んでいただいてます。もちろん、皆さんがみなさん、そうではないはずですが

「いつも楽しみにしてます!」と町で声をかけられるようになります。飛び込み営業では本当に嫌われていたのに・・・そのときのことを思うと、こうやってお声をかけていただくことが本当に幸せになります。あのつらさがあったから、これが身に染みて解るのです。

それは「自分という人間を解っていただいたから」。

飛び込み営業ではまず解ってはいただけませんよね。話そうにも留守ですし、居たとしても「どうせ売り込まれるだけ」と耳も貸していただけないでしょう・・・。

少しづつニュースレターによって、あなたを読者さまに浸透させていけばいいのです。物を売ったり買ったりという行為は、値段の高さ安さよりも、どこであなたの商品を買っていただけるかの決め手は、やはり最後の最後は「人」なんです。

だから「あなたという人」をわかっていただけるように、ニュースレターにそれを託して、あなたの代わりに読者様の元へいってもらえばいいんです。

あなたが飛び込み営業に行かれたときに、こられた側の方の、嫌そうな声や、怪訝な顔・・・居留守って解っているのにでてきていただけない悲しい空気・・・ああいうのを感じることがなくなるのもニュースレターの良いところなのです。直接あなたは行かないわけですから・・。

三つ目は・・・「分かりやすく書く」

専門用語を並べられても、読者様にはすべてが初めてのことでしょうから、まるでわかりません。そういう読み物も敬遠されがちになっていきます。

情報誌とはいえ、あまりに専門的な事ばかり書いても、お客様は興味を示してくれなくなりますので、そこのところのさじ加減は気を付けないといけません。

文字も大きく行間もある程度は確保した方が良いです。当店のニュースレターなどはお客様の層が「50~80代」という高齢の方ですので、そのようにしています。それ以下の層の方でも、あまりに細かい文字がびっしりと・・では読む気も失せるはずです。「生命保険の約款」ってそうではないですか?

あれ、誰が読む気がします??

「ウレタン樹脂が、シリコン樹脂がどうの・・・」という小難しいことよりも、

「先日家族でこんなところに行ってきました」という話題の方がおもしろく気軽に読んでいただけるのです。

 

以上、売れるニュースレターにする書き方3つの注意点でした。

意外に簡単なのではないでしょうか?

 

それと自分をさらけ出すのが苦手・・・という方もいると思います。でも、あなたがお客様に選ばれるのを望むなら、ここはちょっとがんばって乗り切ってください。あなたから買う理由を読者様は考えているのです。見つけたいのです。

あなたが読者様のことを思って書いているということが、読者さまに伝われば、きっとあなたが望む反応が、読者さまから帰ってくるはずです。

それと・・あと大事なことは「継続すること」です。

継続することのメリットを次回書いて行きます。

こちらの記事を読まれた方は、これらの記事も読んでいます!

高額商品の成約率をあげる秘訣とは?他社にも負けない秘策を伝授します!

お客様の本当に欲しいものは何なのか?がすぐにわかるアレは作らないと損!

ここから間違っていた!ぼくの「売り方」 ここを直せば売れる3つの考え方

高額商品売り方に自信が無い・・コツなんて解らなくても売れたぼくの方法

高額商品の売り方って?売る方法として意外にもこんな簡単な方法がありました!

 

飛び込み営業苦手の方必見!自信をなくさない、おすすめなニュースレターの配布の仕方とは?

 

辛い飛び込み営業という仕事から解放される!ニュースレターとの出会いとは?

ニュースレターを継続できる書き方のコツとは・・・?飛び込み営業が辛くなくなる!売れるニュースレターの書き方 たった3つのコツ

「売り込まない飛び込み営業!?」って本当にあるの?辛いメンタル救われます!

辛い飛び込み営業・・・楽しくなる”極意”とは?

個人宅への飛び込み営業トーク、磨いていますか?

飛び込み営業の個人宅への適した時間帯とは?話し方のコツなどはあるのか?

進化するビルド&クローズ!そしてぼくも進化を!集客コンサルタントをはじめます!

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です