仮面ライダー芸人 youtubeで動画がアップされていますね。仮面ライダーエグゼイド登場のときのみんなの表情に注目!

仮面ライダー芸人 まだ盛り上がってます、個人的に・・・もうyoutubeでアップされているんですね。

[ad#ad336] youtubeにアップしてくださった方に本当にお礼を言いたいです。ありがとうございます。
昭和ライダーのV3の件でバッファロー吾郎の竹若さんが
「V3は高いところに登りたがる」というあるあるを発表していましたが、そのあとのVTRで確かにたか~い煙突のてっぺんにV3が「は~っはっはっ!」と高笑いしながら、デストロン怪人 イカファイアーを迎え撃つ
のですが、ぼくはここに風見志郎役の宮内洋さんらしさが出ているなあ・・と思いました。宮内さんは数数のヒーローを演じている方で、本当にこういう登場の仕方が似合う役者さんだとおもうのです。
仮面ライダーV3もそうですが、ゴレンジャーのアオレンジャー、ジャッカー電撃隊のビック1、そして
快傑ズバット・・・
高笑いが聞こえる→ どこだ!と敵方→ あっ!と見つける敵→ 決め台詞or決めポーズ
という宮内洋さんのヒーローもののパターンとも言えると思います。
それと・・・
仮面ライダーアマゾンの件でアンガールズ田中さんが
「バイクに乗るよう説得する回がある」というのがありましたが、ここまでやってほしかったのは、海岸にいるアマゾンのもとに、おやっさんこと立花藤兵衛がもってくるバイクを、こんなものに乗りたくないといって持ち上げて砂浜にぶん投げてしまうんですね。アメトーークではそこまでやっていなかったのですが、このくだりまで見せてほしかったですね。
それにしても、そもそも今回のアメトーークですごいと思うのは「昭和ライダーのVTRが民放のテレビでみせてもらえた」ということだと思います。こんなに昭和ライダーのVTRというのは地上波以外ならあったと思いますが、地上波で民放でこんなに見せてもらったことはほとんどありませんでした。ここに今回すごく感動しました。再放送なんて絶対やらないし、VTRもほんの少しだけ・・・というのが、大人の事情がゆるくなったのか?
そもそもおとなの事情がなんなのか?がわかりませんが、こうやって結構な感じで見られるようになったのは、仮面ライダーのファンとしてはありがたいことですね・・・。

そして話は平成ライダーへ。やはり2000年スタートの仮面ライダークウガの存在なしには、平成ライダーの好調はなかったとぼくもおもいます。
オジンオズボーン 篠宮さんも言っていましたが「大人も見られるような作品に」というコンセプトが平成ライダーにはありますよね。クウガは本当に大人も魅了する仮面ライダーだと思います。
以前の記事ですが、なんでクウガが「大人でもおもしろい」と思ったのかを書きました
MCの雨上がりのお二人も、昭和ライダーはついてこれた宮迫さんも、平成ライダーは知らず・・・といった感じでいちいちのリアクションというか、「わからなさ」というかに仮面ライダーファン心理がうずうずしました。
「こういう人にこそ、こんこんと1作品ずつ丁寧に説明してあげたい」気持ちで胸が熱くなりましたね。

 

それとオジンオズボーン 篠宮さん情報ですが仮面ライダーオーズのオーメダルって放送当時は3000万枚
世の中に出回ったということでそれは、そのとしに作られた5円玉よりも多いということです。オーズのオモチャは歴代ライダーの中で一番売れたアイテムですが、それを物語るエピソードですよね。
あと、ここももう少し語ってほしい・・・というかぼくなら話したかったのが、仮面ライダーゴースト グレイトフル魂の場面で、戦っている相手の怪人ですがこの怪人、ウルティマというのですが、ジャイロという敵方の人物が変身するんです。このジャイロはものすごく強いというか、アクションがすごいんですが、高岩成二さんというスーツアクターの方が演じています。スーツアクターというのはライダーや怪人の中に入ってアクションをする方なのですが、この高岩成二さん、実は普通は仮面ライダーゴーストのなかに入っている人なんですね。ですのでこのシーンは変身前はジャイロとして敵方の人間でタケルと戦い、変身後は今度は仮面ライダーゴーストの中に入ってゴーストとして敵と、つまり自分と戦っているわけです。
高岩成二さん扮するジャイロの変身場面からVTRをみせてくれればこのようなエピソードも誰か、語ってくれたかもしれませんね。
ちなみにこの高岩さんは平成ライダーになってからの、仮面ライダー龍騎からゴーストまでのすべての主役のライダーのスーツアクターなのです。すべてですよ!本当にすごい人なんです。で、ファンの間では今度の
仮面ライダーエグゼイドも高岩さんか?もしかしたら違う人か?ということで盛り上がっているのです。

[ad#ad336] MCの蛍原さんが「こうやって見ているとおっさんも見たくなるね~!」と言ってくれたのが、とてもうれしかったです。「そうでしょ!そうでしょ!」という感じに僕もなりました。
大人の・・・といえばなんですが、平成ライダーは「変身!」をあまり言わないという話になったところで、
土田晃之さんが「そこはちょっともの申したい!あの変身!があるからいいのに!」というようなことをいっていて、これでちょっと物足りない・・・という話で出した事例が、仮面ライダーアマゾンは
「ア~マ~ゾ~~ン!」と叫んで変身していたのに対して、「今『仮面ライダーアマゾンズ』というのがやっていてそれなんか、ベルトに少し手を添えて『アマゾン!』と小さく言うだけ・・・」という件がありました。
ぼくはそれこそそこにもの申したいです!あれはあれでものすごくかっこいいんです。やはり、大人が見ていて変ではない仮面ライダーですが、やはり、瞬間的に子供の・・・となってしまうときもあります。ですが、あのアマゾンズの「ベルトに手を添えて「アマゾン」というだけ」というのは、もう完全に大人の仮面ライダーなわけです。子供はちょっと、ごめんなさい・・・大人の世界の仮面ライダーなもので・・・みたいな
子供とはかけはなれた存在だと思うのです。実際に仮面ライダーアマゾンズはとても深いシビアなことがテーマになっていますので・・・子供の入る余地がない・・・おとなの番組なのです。
その変身シーンがこちらの動画です

そしてそして今度は怪人側の話を・・といったところで「もう、第2回にしよ!」と強制的に終了・・・「そこをなんとかこれだけは・・・!」としいはしジャスタウェイさん渾身のお願いリクエストで見ることのできた「キノコモルグの出にくそう」で爆笑をさらった後、本当のお開き・・となるはずが、そこにショッカーがスタジオへ乱入!
アンガ田中に集中攻撃を浴びせる戦闘員たち・・・そこへさっそうと仮面ライダー1号、V3、そして仮面ライダーゴーストの登場であっというまに戦闘員は蹴散らされ、田中は救出されスタジオには平和が訪れるのであった・・・・。
そしてゴーストから人間にもどった天空寺タケルこと西銘駿くんのお約束である劇場版、ダブルヒーローまつりの告知・・・「ゴーストの集大成」と西銘駿くんから言われたとき、ああ、ほんとうにおわってしまうんだ・・と一抹のさみしさを感じました・・・。
そしてここからがすごかった・・・西銘駿くんが「ぼくの仲間を・・新しいライダーを紹介します」といったときの仮面ライダー芸人のみなさんの顔は・・・完全に素人さんの仮面ライダーファンの顔になってましたね。
こうなるのもわかります。この仮面ライダー芸人の収録は情報解禁の8月1日以前の話ですので、何もわからない状態でこのことをきかされるわけですから、それはもう・・・誰より早くみられるわけですね、あの収録の時点では。超うれしいのと、どきどきと、期待と・・・・いろいろな気持ちが入り交じって・・・さぞかしかっこいい新仮面ライダーが登場してくれると思っているわけですよね・・ところが・・

[ad#ad336] でてきたのは 仮面ライダーエグゼイド レベル1・・・あのゲームの中で戦う姿の「ちんちくりん」のほうがでてきたものだから、一同大パニック・・・。こんなん?これ?うそうそうそ・・・もう見ていておかしかった・・・レベル1しか見せないのも意地悪ですよね・・・「これ、本当に主役?」なんてっていた方も。
宮迫さんにいたっては「ゆるキャラやん!」

%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%b0%e3%82%bc%e3%82%a4%e3%83%89%e3%80%80lv-%ef%bc%91
一同、かなりのショックをうけて仮面ライダー芸人の回はお開きになりました・・・あれから、仮面ライダー芸人の皆さんは仮面ライダーエグゼイド 情報解禁になってから調べたでしょうね、必死で真実を・・・そしてたぶん、本当のことを知って安心するんでしょうね・・・。
というわけで、youtubeにあっぷされた仮面ライダー芸人の動画のフルバージョンです。書き切れなかったおもしろいエピソードもまだまだ動画にはありますので、ぜひ、何度でも見てください。削除されないかぎり・・・。

削除されました・・・。

 

 

 




明日の仕事がない不安から解放される魔法のお手紙とは?*

↓こちらからお伝えしております。

 

このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ

 

 

*無料のお悩み相談・お問い合わせ*

こちらからメールで承っております。

それと、それと・・・
「直に話してみたい・・・」「メールだと逆になんて書けばいいのかな・・・」

とのお声にお応えして、私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 
少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です