歴代 仮面ライダーの涙シーン  エピソードをまとめて見ました!

仮面ライダーではアクションはもちろんですが、涙シーン、泣けるシーン エピソードもたくさんありますよね。

昭和から平成をとおしての仮面ライダーでぼくが涙したシーンをまとめて見ました!

[ad#ad336]

 

ライダーマン・・・!きみが仮面ライダー4号だ!!

仮面ライダーV3とともにデストロンとの戦いに身を投じたライダーマン。

最初は拾ってもらったデストロンの首領に恩義を感じながらも、自分をおとしいれたヨロイ元帥への復習のためにあえて、V3とは組まずに戦ってました。でも、その首領も実はライダーマンは捨て駒・・としか思っておらず、それを知ったライだーマンはプルトンロケットに乗り込み自爆。デストロンの作戦を見事に阻止しました。

V3の制止も振り払いロケットとともに自爆したライダーマンに、V3は最高の賛辞を与えます・・。

「おれはきみに仮面ライダー4号の名前を贈るぞ!」

バックに流れるライダーマンのテーマ・・悲しみをこらえて戦いつづけるV3・・・

ぐっときますよ!これは!そして下の動画、ヨロイ元帥の変身した怪人 ザリガーナと戦う場面で「つづく」になってしまいます。1話完結が多かった昭和ライダーですが最終回やその直前など重要な回はこうして前後編になったりしましたね・・・。

オレの手で・・・やらせてくれ・・・!

仮面ライダーWでの翔太郎とフィリップのお別れ・・・・いままで二人でひとりの仮面ライダーWとして戦ってきた二人の最後の戦いを終えた後の別れのシーン。

菅田将暉さん扮するフィリップはすでに死んでいて、データーの塊となって翔太郎と一緒にいました。しかし、その肉体は徐々に崩壊し始めて・・姉を救い出すためのこれが最後の変身・・・この戦いが終われば自分の肉体は完全に消滅してしまう・・・。

別れがつらい翔太郎・・・涙をこらえて相棒を送ってあげないと・・わかってはいるけれど・・涙が止まらない・・・。揺れる気持ちを振り切りたいんでしょうね・・・だから

オレの手で・・・やらせてくれ・・・

自分でベルトを閉じようとするフィリップを止めてまで言った台詞。せめて自分で送り出してあげたかった。あんなに淡々としていたフィリップも最後は涙をこらえながら消えていくのがぐっときて・・・。

この悲しいお別れがあるからこそ、この後仮面ライダージョーカーとしてひとりで戦う翔太郎のどこか悲しさが、ただでさえ、かっこいいジョーカーをさらにカッコよくみせてしまいますね!

おれとおまえはダチではないが・・・持っていてくれ・・燃えてしまうともったいない・・・

仮面ライダードライブでの剛とチェイスの別れ・・・・自分の父親である蛮野に滅多打ちにされる剛・・・それを助けようと身を挺して割って入る魔進チェイサーに蛮野の容赦ない攻撃。

そして変身解除になってしまい、剛の腕の中で言った台詞です。このとき、チェイスは

もう突っ込んで燃え尽きるつもりでいたんですね。もったいないと言って剛に託していくのは、シグナルバイクと自身で取った免許証。免許証は人間でないチェイスがもつことで「人間の証である象徴」のような気がします。人間に近づきたかったチェイス・・。霧子をすきになり、その霧子が守りたいものを守ることが出来て本望・・・そういって、剛の腕の中から飛び出しゴルドドライブに突っ込んでいき自爆・・・。

この場面でもぐっとくるのですが、このあとの怒りの剛が「チェイス!一緒に戦ってくれ!」と託されたシグナルバイクで変身するのは仮面ライダーチェイサーマッハ!!

もうとまらない剛の攻撃にこちらも「いけぇ~っ!!!」という感じでさらにぐっときて涙が・・・・。

仮面ライダーにも涙無くしては見られないこんな素晴らしい場面がもっとありますので、

今度まとめて見ようかと思います。

これ、実は書いている時に動画を見たりしている間にも涙腺が・・・。

 

 

 

あわせて読みたい! おすすめ記事!!

仮面ライダーの涙ラインが消えた?どのライダーから?

エグゼイド12話感想 仮面ライダーレーザー九条貴利矢退場に惜しむ声ぞくぞくと・・・

仮面ライダーレーザー 九条貴利矢役 小野塚勇人さんが愛された理由とは?

SMAP解散しないで!の声は届くのか?仮面ライダーファンにも根強い彼らの作品がこちらです!

[ad#ad336]

 

 

しゃべらなくても売れていく営業術講座*

↓こちらから、無料でお伝えしております。

 













このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ



*個別のオートクチュールお悩み相談*

1時間8000円で承っております。

まずは無料で、メールもしくは電話にて、あなたのお悩みをご相談ください。
それに基づいて、後日、対面もしくはオンラインの電話にて、あなたの現状に合わせて詳しくアドバイスさせていただきます。
 
〇メールの場合は
こちらから承っております。


〇電話の場合はこちらから  
080ー6633ー3456 

直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)


ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です