2016年 秋 の新仮面ライダーはどんなデザイン?顔? 色は? 今までで最初の印象ががっかりだった平成ライダーを書いてみよう!

2016年 秋 から始まる 新仮面ライダーライダーの情報 ネタバレが待ち遠しいところですが、一番最初にみた時に、そのビジュアルにがっかり…だった仮面ライダーっていませんか? 多分、仮面ライダーファンなら、一度は味わったことのある気持ち…だと思います。
でも、新仮面ライダーが始まって、物語をみていくとだんだんかっこよくなってくるのは不思議ですね。きっと、物語に入って行くと感情移入していけるからでしょうね。
なので、振り返ればカッコ悪い平成ライダーはいないのですが、あくまで最初の印象ということで…ぼくの「がっかり感」があった平成ライダーのことを書いてみます。

[ad#ad336]

 

仮面ライダークウガ → これは「また仮面ライダーが始まるんだ!」という期待しかなかったですね。顔も仮面ライダーの王道をいく感じで安心感ありました。子供番組にしてはあまりに「大人な設定」(フォームチェンジとその長所短所の描き方なんか)が感動モノでした。

 

仮面ライダーアギト→ クウガの続きのような感もあった作品でしたが、3人の仮面ライダーが出てきたところが斬新でしたね。それぞれのライダーの苦悩なども描かれていてとても見応えのある作品でした。夜のゴールデンタイムの1時間枠をとって、スペシャル的な回もあったり。そこで新フォームが初お目見えしたり…と活気的でしたね。あんな枠での放送は昭和ライダー以来だと思いました。3人のライダーのデザインも良かった。王道のアギト、人間がつくったロボット、兵器を感じさせるG3−X、凶々しさを醸し出しているギルスと3者3様のタイプの違うライダーたちの最後のあたりの共闘は感動でした。

 

仮面ライダー龍騎→ → 前2作は王道的なデザインだっただけに、えっ?って思いました。顔全体に横線が入り、はっきりと見えない感じがなんかどうも・・・という感じでしたが、13人の仮面ライダーの設定だったり、主人公の懸命さが印象的な作品でした。最終回一回前で主人公の木戸くんが、しんでしまうのも当時衝撃的でした。

 

仮面ライダー555→ → これもギョッとした顔つきでしたね。顔中が“目”のような感じで・・・でも、やはり見ているうちに・・というか、この作品はぼくの“仮面ライダー熱”が長女が生まれたり、職業が変わったり・・・したことでトーンダウン。劇場版も見に行かなければ、最終回までみていない作品です。でも、後々にオルフェノクたちの悲しい最後などストーリーの重厚さがあるにも関わらずどうして最後まで・・と悔やまれる作品です。あとホースオルフェノクに覚醒してしまう木場勇治役 泉政行さんが本当に亡くなってしまったという意味でも悲しい作品です。もう一度最初から最後まで見たい作品ですね。
それとプレミアムバンダイから発売された仮面ライダー555のベルト「ファイズギア」が、発売と同時に
準備数に達してしまい売り切れ、第二次受注を開始しましたというアナウンスもあります。3万円近い値段にも関わらずその状態・・・は確かにベルトのカッコよさを証明していると思います。詳しくはこちら 
あと、平成ライダー中 OPの主題歌が一番カッコいいと思います。ISSAのハイトーンボイスがとてもよく似合う主題歌ですね。

仮面ライダーブレイド → → 前出の555に引き続く流れで、まったく見ていません。思い返せばそんな余裕がなかったですね・・・なので、ストーリーも登場人物もよくわかりません・・・。デザインなどはまあまあでしょうか・・・(すっかり見ていないのでこの辺もトーンダウン・・・でも、だからこそ、じっくり最初から最後まで見たいと思います)

仮面ライダー響鬼 → → また見始めようと思ったけれど、やっぱりいろいろな事情からみられなかった作品。なので、仮面ライダー響鬼のデザインも“がっかり度”は最高クラスですね・・・。どの仮面ライダーのデザインも今一つでした。
なんか・・・ながくなってしまいましたので、次回に続きます・・・。

 

 

営業が出来ずに一人で悩んでいる方はいませんか?

自分も以前はそうでした・・うまく話せなくて・・・

だから成果がでない・・と思っていました。

でも、うまく話せないままでも、売り込まなくてもご成約を

頂けることが できるようになったのです。 その秘密をここに書きました・・・。

↓  ↓  ↓  (下の私の写真をクリックしてください)

 

5mail

 




明日の仕事がない不安から解放される魔法のお手紙とは?*

↓こちらからお伝えしております。

 

このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ

 

 

*無料のお悩み相談・お問い合わせ*

こちらからメールで承っております。

それと、それと・・・
「直に話してみたい・・・」「メールだと逆になんて書けばいいのかな・・・」

とのお声にお応えして、私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 
少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。