仮面ライダー1号 2号の画像でもわかる「あの違い」ができたある理由とは?&ショッカーより強敵な敵との戦いの日々に感動しました・・・。

仮面ライダー2号 一文字隼人を演じた 佐々木剛さんのエピソードには本当にたくさん驚かされて、
また、たくさん感動させられてしまいました・・。
もう「へえ~!そんなだったんだ!」の嵐でした・・・そんな裏のエピソードを前回の記事に書いたのが
→ → → こちら です。

ところで仮面ライダー1号と2号の「違い」ってわかりますか?ぱっと見同じような感じですが、違いがわかりやすいところが2つあるんですね。
仮面ライダー1号、2号.jpg
ひとつは
「グローブとブーツの色」が違いますね。仮面ライダー1号はシルバーのグローブとブーツ、仮面ライダー2号のそれは赤いものになってます。
で、もうひとつの違いが
「カラダの横のラインの数」です。仮面ライダー1号は2本線、仮面ライダー2号は1本線です。
実はこの違いのあるラインの誕生には、こんなエピソードがあるんです・・・。
このラインを付けた理由というのが
「夜の撮影が多かったので、暗いと見えづらいから」という理由からなんです。撮影サイドからの理由だったんですね・・・。そして、1本線の2号ライダーが、本当はそれが1号のためにつくったものだったにもかかわらず、2号が先に着てしまった・・・2号ライダーに1本線を取られてしまったので、後から帰ってくる1号ライダーが2本線になってしまった・・・ということなんです。よく考えると1号ライダーが1本線・・・の方がしっくりしますね・・・
でも、当時からそう思っていたのですが、1号ライダーは新1号ライダーとなって帰ってきます。旧1号ライダーの暗めなイメージとは反対に、とても明るいスーツになってましたので「パワーアップしてきた」というイメージがありました。1本線の2号ライダーよりもさらにパワーアップしたからこその2本線・・・そんな、イメージでみていました。だから、違和感なく見ていられたのかもしれませんね。
それにしてもラインそのものは撮影の都合で入っていたとは・・・ぼくは1号、2号の違いを区別するためのものと純粋に子供のときから思っていましたので、ちょっとビックリでした・・・。

一文字隼人役の佐々木剛さん、新1号ライダーに主役の座を約束通りに戻すと仮面ライダーから退きます。旧1号の時の視聴率は1ケタと振るわなかった仮面ライダーという番組を、30%という視聴率にまでスタッフとともに押し上げた・・・。でも、そんな佐々木さんにも予期せね不幸な出来事が起きます。新1号とともに
ダブルライダーとしてショッカーに完全勝利をしましたが、そのショッカーよりも強敵な「運命」という
波にのまれていってしまう・・・。
ある日の自宅のアパートの火事・・・これにより全身に大やけどを負ってしまいます。お医者から
「生きているのが不思議なくらい」と言わしめたほどの重症・・・しかし、それでも命があったのは、
ライダーをやっていたときからの「強運」が味方をしてくれたとしか思えません。でも、その治療に当てるお金によって莫大な借金・・・やけどを負った顔では役者としてはもう無理・・・顔は関係ない声優を志したときもあるようですが、今度は有名になりすぎていて声優の仕事が来ない・・・。役者ではない普通の仕事・・
警備員、竿竹屋、焼き芋屋・・・と職を転々とするようになってしまいます・・家族のためにと一生懸命働いた佐々木さん・・ですがこのことにより皮肉にも家族との溝が深まってしまい、離婚することに。

 

それでもなお、つてをたどって、芝居をつづけていくようになる佐々木さん。佐々木さんを再び奮い立たせるのは「ライダー時代のファンの熱い気持ち」です。
「ここでライダーが負けるわけにはいかない・・・」と再度、立ち上がり
2012年に居酒屋「バッタもん」というお店を開きます。仮面ライダーはそもそもバッタの改造人間・・・
この店の名は佐々木さんの心意気なのだと思います。
「ファンが集まれる店を作りたかった・・・」
もう、来年で70歳になる佐々木剛さん・・・。たしかにカラダキツイと思います。でも、それでもファンのためにと料理やお酒で迎え入れてくれる佐々木さん。
いつかお酒、のめるカラダにぼくもなったら、ぜひ行ってみたいですね。ライダー関係の装飾がいっぱいあるそうで、佐々木さんだからこそ、仮面ライダー2号だからこそもっているお宝もきっとあることでしょう。
「おお!これ、すごい!」を連発しているファンのお客さんが容易に想像できます・・・本当にいってみたいですね。
場所はこちら→ 東京都板橋区大山東町28-6 ダヴィンチ板橋B1 TEL 03―3962―1825
(定休は月、火だそうです。この日はけっして行ってはだめですよ。知らないで行ってしまって休みだった・・・って、そういうのかなり悲しいですから・・・。)

 

 

 

 

 




明日の仕事がない不安から解放される魔法のお手紙とは?*

↓こちらからお伝えしております。

 

このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ

 

 

*無料のお悩み相談・お問い合わせ*

こちらからメールで承っております。

それと、それと・・・
「直に話してみたい・・・」「メールだと逆になんて書けばいいのかな・・・」

とのお声にお応えして、私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 
少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。