歴史秘話ヒストリア 見逃したら再放送は?時間は何時から?

%e6%96%b0%e6%92%b0%e7%b5%84(引用元:NHK歴史秘話ヒストリー公式HP)

6月10日(金) NHKで夜8時から放送中の 歴史秘話ヒストリアに仮面ライダー出身の俳優たちが大集結です。
以前の記事はこちら
公式サイト→ http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/historia/246226.html
この中でも出演者のみなさん共通して言っているのが・・・。
「仮面ライダーという役柄をやってきたもの同士だからこそわかること、できるもの」というようなことを皆さんおっしゃっていて、見ている方にとってはそれがとても楽しみですよね。

仮面ライダーアギトの 賀集 利樹さん
仮面ライダーオーズの 渡部秀さん
仮面ライダーガタックの 佐藤 汛さん
仮面ライダービーストの  永瀬 匡さん
仮面ライダー鎧武の 佐野岳さん
でも、考えてみると・・・
それぞれがそれぞれの場所でご活躍されていますので、一人ひとりはどこかの作品でみることはできると思いますが、
仮面ライダーのテレビ放送や劇場版などで「この5人が揃うこと自体が」まず絶対あり得ないと思います。(今年で45周年の仮面ライダーですが、50周年くらいになったら変身前のキャラクターで揃う方もいると思いますが・・・。)
ですから、ある意味仮面ライダーファンにとっては、今回のこの歴史秘話ヒストリアはかなり貴重だと思いますよ。
先ほどのNHKのサイトで賀集 利樹さんが言っていたのですが・・・
「みんな初対面なのに、初めてでないような気がする・・・」
賀集 利樹さんは仮面ライダーアギト 平成ライダー2作目でこの5人のなかでは一番早いライダーなんですね。なので、後の4人とは仮面ライダーとしてはお会いしてはいないのに、初めてではないような気がする・・という言葉がとても印象的でした。
やはり仮面ライダーという特別な役をこなしてきた人間にしかわからないなにか・・・それこそ空気感というが、雰囲気というか・・・それが眼に見えないけれど共通しているものがあって、それを感覚的に感じているのでは・・・と思うとあらためて「やっぱり、そういうの、あるんだ・・」と思いました。そしてそんな共通の空気感をもった俳優たちを“NHK”が召集した・・・というのがまたいいなと・・・。仮面ライダーを演じてきた俳優さんたちを新撰組に・・とHNKさんが思ってくれたということは、それだけ世間も注目してくれると踏んでのことだと思いますし、仮面ライダーファンにしてみたら、なんかさらに認知されたようで嬉しいですね。
正直、風の噂で「仮面ライダーとして出演していたことに引け目を感じるというか、全面に出したがらない俳優さんもいる・・」とようなことも聞いたりもします。
でも、今回の歴史秘話ヒストリアにご出演される5人の元仮面ライダーたちは
「仮面ライダーの俳優たちを集めたこの企画だからこそ出演をした」ということを聞くと、仮面ライダーを演じてきたことを誇りに思っているんだな・・と感じました。引け目なんて感じてくれていなくて、うれしく思いました。
そうはいっても、いろいろな仮面ライダー以外の番組をみていても、現在は「仮面ライダー●●を演じていた」という紹介のされ方で番組に出演されている俳優さんも増えてきたと思います。
そして、それは仮面ライダーを見続けているファンにとってはとてもうれしいことです。
さあ、いよいよ6月10日(金)のNHKですよ。PM8:00からの放送です。どんな変身・・じゃなくて新撰組をみせてくれるのか楽しみじゃないですか!
でも・・・もし見逃したら・・再放送がこの番組には(・・・というかNHKの番組には・・・)あります。
再放送は次の週の金曜日 PM4:05~です。なかなか普段の時間で再放送の方が見るのがキワドイかもしれませんが・・・。
歴史秘話ヒストリア 6月10日放送分の予告編です⇒ここをクリック

 

 

 




明日の仕事がない不安から解放される魔法のお手紙とは?*

↓こちらからお伝えしております。

 

このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ

 

 

*無料のお悩み相談・お問い合わせ*

こちらからメールで承っております。

それと、それと・・・
「直に話してみたい・・・」「メールだと逆になんて書けばいいのかな・・・」

とのお声にお応えして、私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 
少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。