初めてのことは不安だし、うまくいかないし、失敗もするし・・・だけどそれが大事なのです。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

「売り込まないであなたのお店を7ヶ月待ちにする仮面ライダー好き営業コンサルタント」の 上神谷(カミカベヤ)裕治 です。

今回はあることでの気づきを・・というお話・・

「初めてのことは不安だし、うまくいかないし、失敗もするし・・・だけどそれが大事なのです。」ということで書いて行きたいと思います。

初めてのことって、人生の中でどんな人にも、また何回もやってくることだと思います。

初めてのことってやるとなると不安です。うまくいかないです。だから失敗もします・・だけど、大切なのは

「そこから何を学ぶか?それをどう生かすか?」です。

こんなことがありました・・・。

初めて任された現場で・・

うちの職人だったKくん(仮称)がいよいよ、1件の現場を任されました。塗装職人としての彼のデビュー作となるお宅でのことでした・・。

塗り替えのときは塗料が飛散しないように、飛散防止シートを張ります。大方はそれで飛散は防げるのですが、その工事の時の立地はお客様の壁と目隠しの塀の距離が近くて、そのシートをしていても塗料が飛んでしまったのです。

目隠しの塀には少しですが、点々・・と塗料がついて・・。報告が来た私も現場に急行し様子をみますと、彼がその塗料をほとんど落とした後・・とのことでした。一応付けてしまったことを報告してくれたのです。

実は同じような箇所がもう一カ所あり、そこは飛散防止シートを「2枚重ね」で張った・・ということで、そちらの目隠しの塀には何も飛んでは居ませんでした。

以前の当店でしたら、シートも張ってある上に、この目隠しの塀をビニールで覆う「養生」という作業をします。親方(私の義父)の考え方、指示できっとそれをしていました。

ですが、この養生、とても時間がかかるわけです。あの大きさで2カ所でしたら・・1時間はかかるでしょう。

ですが、飛散防止シートを二重にすれば防げるということがわかった・・。それをするのに時間にしたら10分かかりません。

大切なのは「この失敗があったから、それに気がつけた」ということなのです。

彼に言ったのです。これは重要な気づきだと・・。いままで常識として普通に時間をかけてやっていたことが、実はもっとうまく短縮できる方法があった・・。片方が失敗、片方が成功・・ということで「ああ、こっちみたいにやればいいんだ!」がわかった・・。

もちろん、失敗は失敗です。塗料を付けてはいけないところにつけたわけですから。

でも、おかげでいい気づきになったというコトなのです。そしてこれは「彼一人になったからこそ」わかったことでもあります。そしてこういう「失敗をしたこと自体」が彼に「経験」と「度胸」をつけさせたのです。

だけど、大抵のことは阻止されようとします・・。

「失敗」からこそ「いい気づき」が生まれる・・でも、その失敗を恐れる余りにそのチャレンジをしない・・という人もいます。それと「チャレンジさせない」という人もいます。

本人がいくらその怖さを克服して「やる!」と決めても、周りがそれをさせないとしたら・・それはその周りの人間がいけない。仕事に当てはめて言えば「上司」が多いでしょうか・・そういうことを阻止しようとしてくるのは。

これでは本人がいつまで立っても挑戦できません。挑戦できないということは成長しない・・ということなのです。

自転車の練習・・子供に自転車の練習をさせるとき、本人は感覚がつかめないから倒れてしまいます。それを「まっすぐ走るにはこうやってバランスを取る」ということを「身体に覚え込ませるために」自転車の後ろを持ちながら一緒に走ったりしますよね・・。

あれはある程度の勢いとスピードがつけば、バランスが保てて乗れるようになるのですが、それまではやはりたくさん「転ぶ」のです。転んでも転んでも持ち続けて、離しつづけて・・・そうしてようやくバランスを保って乗れるようになるのです。早く乗れるようになるには「いかに早い段階で親が後ろを離せるか?」に掛かってきます。

転ばしてはかわいそう、怪我をさせては責任がとれない・・といつまでも持ったままでいれば、それだけ上達は遅くなります。いつまで立っても一人で乗れるようにはなりません。

だから「初めてのことへ挑戦」をさせるには「それを見守る周りの人間、上司の勇気や度量」も必要です。まわりもビビっていてはいけないのです。

当店の前親方・・私の義父に、私は塗装のことを教わりませんでした。基礎的なことは教えていただきましたが、実践的なことはほとんどその時に働いていた「職人」に教わりました。

彼は「ゆうちゃん(一応言っておきますが私が裕治なので・・)、まずやってみな!」という方でした。まず私にやらせるのです。たとえはじめてのことでも。

それでやってみると失敗したりもしますが、それでも良いと。後は出来た時は褒めてくれます。「失敗から何を学ぶか」「失敗は成功のもと」ということを教えてくれたのは彼でした。

方や親方は「いつまでも自転車の後ろをもって離さない」ような人です。その職人が私にどんどんさせてくれたようなことも、その職人が来る前までは私にはさせてくれませんでした。親方が60代と若かったせいもありますが、自分で動けてしまうので自分でやってしまうのです。私には差しさわりがないところを任せて・・。

自分が80代に近づいた頃ようやく、人に教える・・伝授していく・・・ということをしだすのです。さすがに限界を感じたのでしょう。

親方の本意はわかりませんが・・・私には「失敗させたらあとの自分が面倒になる」という風に考えていたような気がしてなりません。

もし本当にそうだとしたら・・上に立つものとして・・後進を育てるものとして、それではいけないと思います。失敗のあとの自分のことはさておいても、後進に痛い目を見させないと成長はしません。

いつまでも自転車の後ろをもって「転ばないようになるまで離さない」ではいつまでもひとりでは走ることはできません。はなさなければ乗っている本人が「バランスをどうとったらいいか、身体で覚えられないから」です。

義父はKくんの独り立ちも「もう5年早い」と言っていたそうです・・・。でも彼がやろう!と決めたときがそういうタイミング・・とも言っていたそうですが、それでも5年早いというそうです・・。

でもKくんは自分の意思で決めた・・私も賛成して応援した・・。何を根拠に?の5年なのかは不明ですが「やる!」と決めたらあとは「ヤルだけ」なのです。良かったのです、これで・・。おかげでひとつ「要領」を得たわけですから。

だから「これがここまでできるようになったら」とか、「これはここまでできるるようにならないといけない」とかは考えなくて良い。考えていたらあっという間に時間はなくなります。そしてそれがいつできるようになるのかは不明です。

飛び出してしまった方が絶対にそれが「できる」ようになります。

なかなか飛び出せない人に向けて・・・

こういう方法があるのだけれど・・やって失敗したら・・

これをやってみてうまくいかなかったらどうしよう・・

ニュースレターを書いてみたいけれど・・変なのができたらどうしよう

継続できるのか?・・できなかったらどうしよう・・・

営業を仕事にしている方・・あるいはお店を切盛りしている方・・何かうまくいってない、これではダメだからなんか考えてやってみたい、やらないと・・って思っていても、先ほどのような気持ちがわいて出てきて、行動がストップしてしまう・・

そういう方はぜひ「走り出してみて」ください。「やっちゃってください!」

うまく行かなくたっていいんです。一発で自転車は乗れません。転ぶんです、誰だって・・。転ばない人も極々まれにいます。でもその人は特別なんです。そこは見なくても良い。うらやましがることはありません。

だから走り出してしまえばいいのです。あとは走りながら修正していけばいいだけのこと。止まってしまうようなことになるかもしれませんが、そのときは止まってしまえば良いのです。

一番いけないのは「うまくできるようになるまで走り出さない」ということ。

走り出してしまうからこそ、早くうまくできるようになるのです。

できるようになってから・・・でははっきりいって「できるようにはならない」のです。

それと周りにそういうことを阻む人がいる方へも一言・・・。私のような(2代目)の方などは、先代が「何か言ってこないかな?」とか「許してくれるかな?」とか・・・

心配になりますよね・・。

そんなときの基本的な考え方は「事後報告」です。あなたの考えを進めるだけ進めてしまって、あとから報告です。

その代わり、先代に頼ってはいけません。その結果と責任はあなたが請け負う。進めるだけ進めて失敗したからと言って、助けは借りない。

そんなコトをすれば先代から「ほら、やっぱりオレがいないとだめじゃないか」と思われたり、いわれたりするだけです。

それではずっとあなたの進みたい方向には進めません。

あなたはあなたの進むべき方向を目指して行けば良いのです。

では今回はここまでです・・また次回もよろしくお願いします。

※ 動画を撮影しました。「ニュースレターを書いていると、こんなに良いことがあるよ!その3つのポイントとは?」と題して、お話ししています。

役に立ったら高評価お待ちしています!

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいただいています。

新しいことに挑戦の不安、恐怖を拭い去るのはやってみるしかないを実感した出来事

悩んでいるなら、まずはやってみる!見切り発車で人生変わります!

独立するコツとは?出来る人と出来ない人の差はこういうところです。

 

しゃべらなくても売れていく営業術講座*

↓こちらから、無料でお伝えしております。

 













このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ



*個別のオートクチュールお悩み相談*

1時間8000円で承っております。

まずは無料で、メールもしくは電話にて、あなたのお悩みをご相談ください。
それに基づいて、後日、対面もしくはオンラインの電話にて、あなたの現状に合わせて詳しくアドバイスさせていただきます。
 
〇メールの場合は
こちらから承っております。


〇電話の場合はこちらから  
080ー6633ー3456 

直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)


ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です