販売が苦手でも個人でできる自宅サロンのチラシ集客方法・作り方特集

あなたのお店を魔法のお手紙で7か月待ちにするコンサルタントの上神谷(かみかべや)です。

サロンにお客さんが来ない、明日の仕事もないというと不安ですよね・・・

ぼくは塗装店を経営していますが、明日の仕事もなくてという時期も多く経験しました。塗装店を諦めようかと思うときもありました。

ですが、お客様に届ける「お手紙(チラシ・ニュースレター)」を工夫したことで、7ヵ月予約待ち、年商3000万円のおみせにまでなりました。

この記事では、「チラシ」での集客方法についてお伝えしていきます。

ぼくの経験があなたのお役に立てましたらとてもとても嬉しいです。

チラシでお客さんに来ていただくメリット

まず、チラシでの集客方法の基本ですが、チラシは、1000枚配布して、1人来られたら良いチラシ!というような手法です。

だからこそ、たくさん配布していくことが必要です。

それでも、来てくださった方がリピートしてくださったり、単価が高い商品をご案内することができれば、1000人に1人でも嬉しいですよね。

また、チラシ作りは、個人でも簡単に作れるのもメリットです。

業者に頼んだりしてすごいものを作らないといけないかな?と思いがちですが、チラシは手書きでいいんです!!

個人の自宅サロンのチラシが、手書きが良い理由とは!?

なので、家で紙に書いて、印刷して配布する、というような形で安価で出来ます。

むしろ業者に頼んだりする方が、デザインはきれいだけれども、お客さんは来られない・・・
というようなことになったりします。

そして出来上がったら、すぐにでも配れて、ビビッと来てくださるお客さんに出会えたら、すぐにお客さんになっていただくこともできます。

ですから、たくさん配布していくのは大変でも、お客さんが来られなくて困っている・・・と言う状況であれば、動いていくのはおすすめですよ。

じゃあどうやってチラシを作ればいいの?お薦めのデザインについて

自宅でサロンに集客のできるチラシの作り方は値段を載せないことだった!

チラシって値段だけ載せていてもお客様は来て頂けません。

それより重要な「役割」がチラシにはあります。それを記事に書きました。

自宅サロンにチラシで集客をするときのポイントとは?デザインのコツは「キレイでないこと」って?

チラシを作る時、どういう点に気を付けて作った方がいいのか・・?それをポイントを押さえて、記事にしてみました。

それとデザインのコツも・・なんと!そのコツは「キレイでない」!?どういうことかは・・・記事を読んでみてくださいね!

効果が出やすいチラシ配布の方法とは?

それでは、配布してみましょう!効果が出やすい方法をお伝えします!

個人でサロンを経営している方のチラシの効果的な配り方やコツとは?

チラシも闇雲に配っても効果はなかなかでません。

  • どういう方に配布をしたらいいのか?
  • どういう場所で配布をした方がいいのか?
  • チラシを見ていただく為の配布のコツとは?

をアドバイスしています。それとチラシは配布する行為そのものにも重要な意味があります。

それも書いてありますので、読んでみてくださいね。

個人サロンのチラシのポスティングって違法じゃないか心配で・・安心して配布できる心得2つ

個人サロンのサービスや商品のサービスのチラシを配布したいんですけれど、怒られないか心配で・・・と思っている方に記事かきました。

怒られるどころか、感謝さえされるチラシの配布の心得とは・・・・?

個人サロンの方のチラシポスティングの効果が無い?効果がない時は情報収集?ってどういうこと?

チラシの効果がないとがっかりしていませんか? チラシはただ配布しているだけではもったいないんです。チラシを配布していれば”情報収集”ができるんです。

えっ?どういうこと?・・は、こちらの記事を読んでみてくださいね!

これらの記事を参考にしていただいて、ぜひ実行してみてください!

わからなければ、お気軽にご連絡くださいね。ぼくの知識を共有できたら嬉しいです。問い合わせはこちらです。

効果があったチラシと、なかったチラシの比較と、特別な販売方法について、こちらからお伝えしています。

 

しゃべらなくても売れていく営業術講座*

↓こちらから、無料でお伝えしております。

 













このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ



*個別のオートクチュールお悩み相談*

1時間8000円で承っております。

まずは無料で、メールもしくは電話にて、あなたのお悩みをご相談ください。
それに基づいて、後日、対面もしくはオンラインの電話にて、あなたの現状に合わせて詳しくアドバイスさせていただきます。
 
〇メールの場合は
こちらから承っております。


〇電話の場合はこちらから  
080ー6633ー3456 

直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)


ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です