自営業に疲れた・・集客での行き詰まりや自信のなくなったときに出来ることとは・・・?

いつもお読みいただいてありがとうございます。

「売り込まないであなたのお店を7ヶ月待ちにする仮面ライダー好き営業コンサルタント」の
上神谷(カミカベヤ)裕治 です。

今回の記事は 「自営業に疲れてしまった・・集客での行き詰まりや自信のなくなったときに出来ることとは・・?」ということで 記事を書いていきたいと思います。自分の経験からかいて行きたいと思います。

ポイントは3つです。

1.考えすぎない

2.本を読む

3.相談できる人を作る  

です。 ひとつづつ、説明していきます。

1. 考えすぎない

どうして考えすぎるといけないかというと「動きがとれなくなるから」

です。私もあまりに考えすぎてしまって、一日中固まっていたことが何度もあります。

事務所で考えすぎて固まってしまっていると、職人や親方の手前、カッコ悪いので、そこではあまり考え込まず、ファミレスに行ったり、図書館へ行ったり、生涯学習センター(府中市民誰でも使える場所)に行ってみたり….。

そこ色々と考えているのです。それだけです。

「これからどうしたら良いんだろう?」

「やっていけるのだろうか?」

「早く契約を取ってこないと….どこ行けば?」

こういうことを堂々巡りで思っているだけで、なにもしようとしないのです。

考えすぎると本当にうごきがとれなくなってしまいます。そして時間ばかりがすぎていくのです。

それでも「何とかしないと」とは思っているのです。何をしたら良いかわからなくなってしまっているだけなんですね。

そんなときは私は無駄になるかもしれないけれど「飛び込み営業」をしました。

今ではあまりしませんが、そのときはそれしか知らなかったので、ご訪問をしました。とにかく止まっていてはいけない….と。

できることをやる!んですね。

それをやってもダメだから考えているんじゃないか?という自分と、イヤイヤ!何かしないと時間ばかりたってしまうじゃないか!という二人の自分の葛藤がありましたね。

確かに前者の方が勝つこともありました。そういうときは何にもしません….というか、それに支配されて何もできない….という方がただしいかもしれませんね。

とにかく考えすぎないでできることをやるんです。普通のお店でしたら、来ていただけるお客様への接客ですよね。もし、お客様がきてくれていない状態ならチラシを考えてみたり、それを作ったり、配付したりができますよね。

来ていただいているお客様とおはなしすることもいいですね。たくさんのお客様が来店しているときにはなかなかできないことですから、あなたのお店のことをきいてみてください。

「どうしてうちにきていただいているのか?」

「どんなところが気になっているのですか?」

「来てみてどんな風に思われましたか?」

とか….。

そこまで考えられないのでしたら、何でもいいから話してみてください。

考え込みすぎて動けなくなってしまうよりは全然マシですよ。何か少しでも良い考えが浮かぶこともありますからね・・・。

2.本を読む

私が「どうしよう?」考え込んでしまったときにイチバンしていたことです。最初は「飛び込み営業の本」などを読んでいました。

「こう言われたときはこういう応酬話法で・・・」とか、

「私は先輩に着いていって、その会話を丸暗記しました!・・・・」みたいなものもありました。

ですが、私にはとてもマネ出来る代物ではなかったです。ですので、それで新規のお客様を迎える・・ということにはとうてい、程遠い・・そんな感じでした。

そしてその次に読んだのは「集客に関する本」でした。

「話して相手を説得すること」から「お客様を集める仕組みを作る」ということへ考え方がシフトしていきました。

ここで私はニュースレターというものに出会いました。そしてコツコツ継続して、うまくいきだすんですね。

本というのは「一番安い情報元」です。集客をしたい!となればやはり情報は必要です。ですが、お金を出すのを惜しんでいる方もいらっしゃいます。

確かに「インターネット」はタダで情報が手に入ります。ですが、経験してきたからこそいえますが、

「インターネットの情報だけではなかなかモノになることは少ない」のです。なぜかというと

「タダで手に入れたモノは大事にできない」からです。

自分がお金を出して購入した物の方が、本にかかわらずどんなものでも大切にしませんか?向き合おうとしませんか?

情報だって同じことなのです。私もやはりただで得た集客の情報は大事にしませんでした。実践しなかったこともたくさんありました。

自分で身銭を切って得た情報は大事にできます。それを実践してみようと気持ちが入りますからね・・。

私のコンサルを受けようと申し込んでくださった美容師さんも、もっと売り上げを上げたい!たくさんお客様にきていただきたい!ということで、勉強をしようと本を購入していました。それらを見せていただいたのですが、本の内容はともかく、こういう姿勢、気持ちに私も心が動きました。

こうやって頑張ろうとしている方の力になって差し上げたい!と思ったのです。

3.相談できる人を作る 

本という情報元だけでもうまく行く方はいます。ですが往々にしてうまく事がはこばないことも多いです。

これを読んでいるあなたは自営業で、経営者で・・というお立場だと思います。経営者は孤独ですよね・・・。集客のこともいろいろしたいけれど、そういった経験もないし、第一、情報は得たけれど実は、何をどうしたらいいのかわからない・・そういった方もきっと多いと思います。先程の美容師さんもそうでした。

誰かに相談したいけれど・・・誰に相談したらいいのか???

そんなときに私からのニュースレターをみて、申し込んでみようと思われたそうです。

私もコンサルタントを受けています。「未来型マーケティング」の竹川先生と、未来型の同じ仲間や先輩方にアドバイスをいただいています。

一人で集客に取り組んでいるときより、よりたくさんの知識、みなさんの経験が私に取り入れられていきます。私もこちらにお金を払って教えていただいていますので真剣です。

なにより「相談出来る相手」「アドバイスを頂ける相手」がいることは本当に心強いのです。

経営者って集客のことだけではないですよね。

すべての決定権はありますが、イマイチ決めきれないこともあったりします。私は今でもそういう部分があります。そんなときは仲間や先輩、先生に相談させていただいています。

こういった相談ができる相手をつくることによって、経営だけでなく集客の面での気分もだいぶ軽くなりました。

今度は私がお困りの方の、相談にのって上げられたら・・・・と思っています。下のぼやきフォームからでもかまいませんよ・・

まずは「何でも良いから話してみたい!」でもいいんです!

相談というのは「何をどんな風に聞いたらいいのだろう?」って考えませんか?まとまってないから・・また今度でいいや・・ってなってませんか?

まとまってなくてもいいですよ。私と話している間に「自分はどこで躓いているのか?どこがわからなくて、何が知りたいのか?」がまとまってきますから、どうぞ安心してください。

メールも御案内していますが → → こちらから

近々、私との「ホットライン」を設けようと思っております。直接私にかかる電話番号です。

メールではなんだかまとまらない・・話した方が、伝えられるような気がする・・と言う方がいらしたら、ぜひ活用してくださればと思います。設定が整いましたらまたこちらのブログで御案内いたします。

長いこと仮面ライダーの記事はお休みになってしまっていますが(今の仮面ライダージオウ、昨年の11月から撮り溜めていて、まだ見ていないのです・・)

仮面ライダー、好きです!という方もぜひお声をかけてください!そんな入り方でもぜんぜんアリです。

今回はココまでです。この記事をお読みになったらぜひ、実践してみてください。もし勇気出ない、いまひとつまだわからない・・・というか・・やってみたいけれど、漠然と不安・・とかでしたら・・ ↓  ↓  ↓  ↓

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいただいています。

ニュースレターの書き方がわからない?そんな方への書き方例を公開~解説付き~

ニュースレターの作り方は?タイトルは?ネタは何を?疑問を解決します!まとめ記事

個人店の集客がうまくいかない・・その理由はきっと「ココ」にあります・・

ニュースレターとダイレクトメールの違いとは?




明日の仕事がない不安から解放される魔法のお手紙とは?*

↓こちらからお伝えしております。

 

このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ

 

 

*無料のお悩み相談・お問い合わせ*

こちらからメールで承っております。

それと、それと・・・
「直に話してみたい・・・」「メールだと逆になんて書けばいいのかな・・・」

とのお声にお応えして、私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 
少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です