リピート率を上げるには?お客様に「また来たい!」と言っていただける、個人サロンのあなたでもできることとは?

あなたのサロンに新規のお客様を迎え入れることは大事なことです。

ですが、今、きていただいているお客様に来続けていただくも大事な事ですよね。

 

昨年、コンサルタントのお申し込みをくださった美容師さんが言っていたのですが・・。

 

「リピーターさんもだんだん減ってきてしまって・・」

 

新規にお客様を迎え入れるのは、それ相応に大変なことです。ですが、あなたのサロンに来ていただいているお客様は、あなたのことを知っていますし、あなたから商品を買っていますし、あなたの施術も受けているので、新規のお客さまより断然、あなたに近い存在です。

ですから、その方達を離さないようにした方がいいわけですね。ある程度の流出のお客さまは仕方のない事ですが、これからいう・・こんなことをしていけば、お客様はあなたのことを、あなたのサロンを愛してくれて、また来ていただくようになります・・。

 

ニュースレターでフォローしていく

ニュースレターというのは、あなたのサロンのことや、施術のことなどをお客様に教えてあげたり、あなた個人の近況をお伝えしたりする「あなたのサロンの情報誌」です。

 

既存のお客さまには「あなた個人の近況」を書いてみると結構ウケがいいですよ!

「私のそんなこと書いていいのかな?」と思うと思いますが・・・いいんです、これが!

そういうことをお客様は知りたがっています。

ですから「こんなところに行った」「家族とこんなことがあった」「こんなものを食べた」・・・など、何でもいいと言ってもいいくらいです。

生活していて、いろいろなものに触れ、感じて・・ということがあると思いますので、それを素直に書いて見てください。

 

当店でも塗り替えのお済みになったお客様に発送しています。もう私なんかなんでも書いていますから・・。

こういうことを書いてニュースレターをお渡しして、読んでいただいているとお客様の方から、これを話題にしてくれることも多いんです。

「あれ、いつもありがとう・・この前書いてあったけど・・あれ、私も行った事があって・・」

そんな感じでコミュニケーションがとりやすくなります。あなたがご自身から、お客さまに対してお話かけられない・・・というのでしたら、まず、このニュースレターを書いてみてください。

お客さまがもし、そのことに触れてくれなかったら・・・あなたから「いつもニュースレターを読んでくださってありがとうございます」とか「お邪魔じゃないですか?」などと声をかけてみるのもいいでしょうね。

そうするとこちらからも、そのことについて話しやすくなったり、お客様が「ああ、あれね!そういえば・・」と話題にしてくださるかもしれません。

 

私のことを見てくれている・・という気持ち

ニュースレターはサロンに来店時にお渡しするよりも、個人個人に発送した方がいいです。その方が、お客様に印象が残ります。

顧客リストはお持ちですか?

それがあればそのご住所に発送して差し上げた方がいいです。なぜかと言えば

「私のことを見てくれている」

と思っていただけるからです。

先に書きました美容室の女性の方にも言われたのですが・・・。

「きちんと封筒に入って、住所が入って、名前を入れて送ってくださる・・・自分にあててくれたお手紙みたいに思いました・・」

これは私がコンサルタントのニュースレターをお送りしていて、それに対してのことを、こんな風に言ってくださいました。もし、私がこれを無作為にポストにチラシのように入れていたら、こうは思わなかった・・ともおっしゃっていました。

 

ですから、これが来店時にぺらっと渡されたり、みんなに渡しているんだな・・というのを目の当たりにしたり・・・まるでチラシか何か・・の感じですし、そうなると嬉しさもすこし減ってしまうのでは?と思います。

 

それとお客さまおひとりおひとりに対しての施術のデータなどから「この前は○○でしたが、あれからはいかがですか?」となど、そのお客様ならではのことをおうかがいすることを書いて差し上げるのもいいんです。

もちろん作る時は、お送りするものを全部同じ文章で印刷・・でよろしいのですが、付箋やメモ欄を設けたりして手書きで添えてあげたり・・・。毎回、お送りする全員にそれをするのは無理でしょうから、何人かのお客様に少しずつでもいいんです。

 

私も塗り替えをしたお客様にニュースレターをお送りしています。

例えば、塗り替えした何年か後に、すこし補修に伺ったりした後などに「あれから、あそこは大丈夫ですか?」などと一言添えたりしてみたり。それと何かのついででお伺いしたときのお話しのことについて「あのときのお話しでちょっと調べてみたのですが・・」とかを書いてみたり・・。

そうすることによってお客様は「自分のことをみてくださっている」と感じていただけるのです。

ちなみに当店の商品である「住まいの塗り替え」のリピートは10年から15年後です。

だから10年しないと再購入はないのです・・・。とても長いスパンですが、

リピート率は70~80%です。

 

10人のお客様がいれば7~8人はまた当店で塗り替えをしてくださいます。もちろんこういった業者はまたイチから選ぶのはとても大変なのです。また「信用出来るのか?」から始めないと行けない・・だからとても労力がいるのです。

そういった背景もあるのと、工事の実績への信頼もありますが、やはりニュースレターの発送も記憶に残り続ける・・というお声もいただいています。

ですので、リピート率をあげることに一役買ってくれている事はまちがいないです。

 

 

何か・・・手間のような気がする・・・?

こうやってニュースレターのすばらしい効果を書いていると、こんな声も聞こえてくるような気がしてます笑。

はっきり言いますと、確かに手間です。

でも、だれでもそう思っているのです。だからあまり実践しない方も多い・・

だから、やったもの勝ちなのです

 

そして私がおすすめする理由は、リピート率もあがりますが、同時に「お客様と接する事の楽しさ」ができるからです。

たのしくお話をしながら、お客様が来続けてくだされば、こんなに楽しい事はないと思うのです。

それと顧客リストに載っている「こなくなってしまったお客様」にも送った方がいいです。

何も手をこまねいていれば本当にこなくなって終わりです。その分、新規の方をより多くお迎えしないといけないですよね。ですからまずは送ってみてください。結果は後からついてきますからね。

それと一つ注意ですが・・・ニュースレターと同封で「商品の売り込みのチラシやダイレクトメール」を入れないでください。ニュースレターはサロンでしたら、月一のスパンでお送りすればいいと思いますが、それに毎回商品のチラシを入れていますと、やがて読まれなくなってしまいます・・

お客さまをフォローするためのニュースレターが「売り込みのチラシに」なってしまいますので・・。

年に数回のペースくらいではいいとは思います。が毎回の同封はさけてくださいね。

 

 

作っている時にわからないことも出てきます。そんなときのために私がいるのです。そんなときはぜひご相談に乗ります!

さきほど「まずは送ってみてください」といいましたが、

「まずは書いてみてください」 ですね

やったことの無い事を始めるのは勇気がいることです。ですが絶対にお客様との交流が楽しくなって、リピート率もよくなります。

 

 

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいただいています。

個人サロンの方がチラシをポスティングするより効果的なのはニュースレター!その訳とは!?

あなたのサロンのお客様の声の集め方って?アンケートの例文をご紹介!

自信なくたってとりあえずやってみる!あなたを必要としている人はきっといます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です