個人で自宅サロンを経営されている方へのチラシ配布についてのまとめ記事

個人でサロンを経営されている方、自宅でサロンをされている方で「もっとお客様にきていただかないと・・・」と思っている方はきっと・・・

 

「チラシ配布」もご検討なさっていると思います。いや、もうしています・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも、これから始めようとしている方は「何をどうしたらいいのかわからない・・」とお感じではないですか? そして、

もう、されている方でも「ぜんぜん、結果が出ない・・」と言う方もいらっしゃると思います。

そういう方たちのために「チラシ配布についての記事」を書いています。それをこちらにまとめてみました。

 

個人でサロンを経営している方のチラシの効果的な配り方やコツとは?

チラシも闇雲に配っても効果はなかなかでません。

・どういう方に配布をしたらいいのか?

・どういう場所で配布をした方がいいのか?

・チラシを見ていただく為の配布のコツとは?

をアドバイスしています。それとチラシは配布する行為そのものにも重要な意味があります。

それも書いてありますので、読んでみてくださいね。

 

自宅サロンにチラシで集客をするときのポイントとは?デザインのコツは「キレイでないこと」って?

チラシを作る時、どういう点に気を付けて作った方がいいのか・・?それをポイントを押さえて、記事にしてみました。 それとデザインのコツも・・なんと!そのコツは「キレイでない」!?どういうことかは・・・記事を読んでみてくださいね!

 

自宅でサロンに集客のできるチラシの作り方は値段を載せないことだった!

チラシって値段だけ載せていてもお客様は来て頂けません。それより重要な「役割」が

チラシにはあります。それを記事に書きました。

 

個人サロンのチラシのポスティングって違法じゃないか心配で・・安心して配布できる心得2つ

個人サロンのサービスや商品のサービスのチラシを配布したいんですけれど、怒られないか心配で・・・と思っている方に記事かきました。

怒られるどころか、感謝さえされチラシの配布の心得とは・・・・?

個人サロンの方のチラシポスティングの効果が無い?効果がない時は情報収集?ってどういうこと?

チラシの効果がないとがっかりしていませんか? チラシはただ配布しているだけではもったいないんです。チラシを配布していれば”情報収集”ができるんです。えっ?どういうこと?・・は、こちらの記事を読んでみてくださいね!

個人サロンの方がチラシをポスティングするより効果的なのはニュースレター!その訳とは!?

チラシとは別に配布できるニュースレターですが、こちらの方が効果的な場合もあります。そのことを記事にしました。

個人の自宅サロンのチラシってどんなデザインが?テンプレート探すより手書きが良い理由とは!?

サロンや美容室のチラシって、どれも同じような感じに見えてしまい埋もれてしまいがちです。ですが、そうならないための”秘策”を記事にしてみました。他のお店では絶対にマネのできない秘策ですよ・・・。

 

これらの記事を参考にしていただいて、ぜひ実行してみてください!わからなければぼくがサポートいたします。

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいただいています。

個人店の集客がうまくいかない・・その理由はきっと「ココ」にあります・・。

あなたのお店にも行列ができる秘訣をお伝えします!

リピート率を上げるには?お客様に「また来たい!」と言っていただける、個人サロンのあなたでもできることとは?

私のプロフィールです・・・

サポートさせていただく 上神谷 裕治とは? → プロフィールはこちらからどうぞ

5mail

   

売り込まずしゃべらずに売れていく
営業力が変身するセミナーを
期間限定で無料でお届けしています!

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

5mail

「チラシなんか配布したら怒られるかなあ・・」そんな心配はご無用!でむしろ感謝さえされるチラシ配布術

下のバナーをクリックしてください!チラシ配布のコツ、考えかたをまとめた記事です。

↓ ↓(詳細は画像をクリックして下さい)

それと、それと・・・

「逆にメールだとなんて書いたら良いかわからない・・・」

「インターネット電話・??ってどうやるの?」

「直に話せた方が良い・・」

という方へ・・・私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です