ニュースレターを継続できる書き方のコツとは・・・?

「また、居ないんだろうな・・・」

「また、断られるんだろうな・・・」

こんなことを思いながら、足取りが重くなる飛び込み営業・・・こんな飛び込み営業がウソのように楽しくなる営業ツールである「ニュースレター」ですが、

 

前回の記事で「大事なことは継続していくこと」と書きました。

 

当店もぼくが書き始めたのが2003年の9月です。今年で15年目、号数にして今月で109号になります。

この間に、正確には数えて居ませんが、肌感覚として「1ヶ月に1人~2人の読者様から”お見積もりのご依頼”」をいただけるようになりました。

留守ばかりの飛び込み営業で、たまに在宅でインターフォンに出ていただいても、留守の回数の方が圧倒的に多いため、口が思うように動かない・・・。そんなことだから見積もりのオファーをご提示する前の段階で、門前払いばかり・・・・。

・・という状況だったのが

「だまっていても向こうからお見積もりのご依頼をしていただける」

ようになるのです。

飛び込み営業をやっていらっしゃる方は、特にわかりますよね?!

これがどんなにスゴいことなのかが・・・。

だまっていても・・・! なんです! 

向こうからきていただける・・・んです!

 

ぼくは15年、109号という長きにわたり継続してニュースレターを書いています。継続は力なりという言葉に本当に勇気づけられて、確信をもたらしてくれています。この継続がこのような現象を起こしているわけなんですね。

なので3枚や4枚かいた位ではこうはいきません。コツコツやってこそ意味があります。

ではコツコツ書き続けるには、どうしたらいいのでしょうか?そのコツを書いて行きます。

ニュースレターをコツコツ書いてきたぼくのやり方、考え方

ニュースレターを書くことを15年、続けてこられたのはまず

「自分の好きなことを書いてきた」 からです。

 

・最近、こんな物にハマってます。

・こんなものを買いました

・こんなところに家族と行きました

・家族とこんなやりとりがあって・・・

など、ぼくの日常を書いてきました。もうひとり、職人でもある編集スタッフの長坂も

同じように書いています。

それに「教えて差し上げたい成功する外壁塗装のコツ」などの、これから外壁塗装をするで

あろう方にきっとお役に立つ、情報を分かりやすく伝える・・・このときは難しい話はナシです。

ぼくはこの外壁や屋根を塗装するこの仕事が好きです。そして、ご存じない方にそういったことをお伝えすることも好きです。そして、自分の身の回りで起きた事などを話すことも好きです。

つまり「自分の好きなことを書く」ということが、ニュースレターを継続して書けるコツです。

好きなことでないと続かないのです。

自分の仕事が好きなら、それについてのことを書いても良いし、

食べ物を売っているご商売なら、どうしてその商品に愛着があるのか?を書いて見たり、

テレビが好きなら、最近見たドラマや映画などのことを書いても良いし、

旅行が好きなら、行った先々の面白い情報、感動した場所を書いても良いし・・・

 

好きなことなら書き続けられます。それもネタがつきることがほぼ無いくらいに・・・

好きなんですから。

 

「そんな事書いて・・別に有名でもなんでもない一個人のそういったことを書いて

本当に読まれるのかね?それなら新商品のことでも書いたら・・・」

 

これ、ニュースレターを書き始めたころ、実際にぼくが言われた言葉です。ぼくも最初は正直内心、少しそう思っていました・・・。ですが、こういう話題だから受け入れられてきたと、今では実感しています。

 

商品のことばかりかいていたら「いつもありがとう」「いつもたのしく読んでいます」と言われるでしょうか?

 

こういう言葉を掛けられて、どんどん読まれていることに実感がわいてくるのです。

書き続けるコツは「好きなことを書くこと」。書き続けていれば受け入れてくれる方は

必ず現れます。

 

好きなこと、趣味のこと・・・ちょっと注意なのが、あまりに専門用語などをふんだんに使った文章ではちょっと受け入れがたいかも・・ですので、そうでない方にも伝わるように、

 

「その趣味のどういうところがいいのか?」

「どういう魅力があるのか?」

「何人くらいでやっているのか?」

 

などの話題なら「精通していない方」にも受け入れられるはずです。

いくら喜びそうだ!とはいえ、やめておいいたほうが良いテーマとは・・?

週刊誌的な話題はやめておいたほうがいいです。こういうお話はどこまでが本当で、どこからがウソで・・・。そもそもがあまり気持ちのいいはなしではありませんので・・・。

お客さまのお声を入れて・・・!

当店は「外壁塗装をおえてから、簡単なアンケートということで、

「当店のお客様のお声」

というものを書いて頂いています。

これは○☓での答えというパターンのものではなくすべて記述で、御自身の言葉でかいていただいております。概ね、7〜8割のお客様がかいて下さいます。

 

それをニュースレターの記事として、載せております。それが元で、

よくよんでいただく方が増えました。

次回はニュースレターにも載せられるお客様のお声のいただき方など、お話してみたいと思います。

 

ではまた・・今回もお読みいただきありがとうございました・・・。

 

といいながら、仮面ライダービルドの日記も書いてしまおうと!

このごろ書いていないんですね・・・。

(引用元:東映公式HP)

これを書いている時点では第20話が終わったところ。19,20とまだ見ていないんです。かなり展開が急激なものになっていっている様子なので、早く見て、ここにかいてみたいです。

 

仮面ライダーが好きで、ずっと見ている経営者の方と、ここで出会ってぜひ、盛り上がりたいと思っています。いつの日か、このサイトを目にしてくださって、「わたしも仮面ライダー見てるんです!」なんていう出会いがあったら・・と思っています。

 

そういう集客にお困りの経営者の方は、御気軽にお声かけてやってください!一緒に勉強していきながら、お客様をふやしていきましょう!

よろしくお願いします!

こちらの記事を読まれた方は、これらの記事も読んでいます!

高額商品の成約率をあげる秘訣とは?他社にも負けない秘策を伝授します!

お客様の本当に欲しいものは何なのか?がすぐにわかるアレは作らないと損!

ここから間違っていた!ぼくの「売り方」 ここを直せば売れる3つの考え方

高額商品売り方に自信が無い・・コツなんて解らなくても売れたぼくの方法

高額商品の売り方って?売る方法として意外にもこんな簡単な方法がありました!

 

飛び込み営業苦手の方必見!自信をなくさない、おすすめなニュースレターの配布の仕方とは?

 

辛い飛び込み営業という仕事から解放される!ニュースレターとの出会いとは?

ニュースレターを継続できる書き方のコツとは・・・?飛び込み営業が辛くなくなる!売れるニュースレターの書き方 たった3つのコツ

「売り込まない飛び込み営業!?」って本当にあるの?辛いメンタル救われます!

辛い飛び込み営業・・・楽しくなる”極意”とは?

個人宅への飛び込み営業トーク、磨いていますか?

飛び込み営業の個人宅への適した時間帯とは?話し方のコツなどはあるのか?

進化するビルド&クローズ!そしてぼくも進化を!集客コンサルタントをはじめます!

 




明日の仕事がない不安から解放される魔法のお手紙とは?*

↓こちらからお伝えしております。

 

このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ

 

 

*無料のお悩み相談・お問い合わせ*

こちらからメールで承っております。

それと、それと・・・
「直に話してみたい・・・」「メールだと逆になんて書けばいいのかな・・・」

とのお声にお応えして、私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 
少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です