コロナウィルスの影響について考えること・・・これからの自分の営業のあり方とこれからは付き合えないこんな人・・・

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

「売り込まないであなたのお店を7ヶ月待ちにする仮面ライダー好き営業コンサルタント」の 上神谷(カミカベヤ)裕治 です。

コロナウィルスの影響で「営業」のあり方にいろいろと考えるところが出てきますね・・。今回はそんなお話と、

後半はこういうテーマではあまり書かないのですが「こういうときだからこそ、付き合ってはいけないタイプとは?」ということでお話しします・・・。

自分の営業スタイルを変えざるを得ない時期がきました・・。

これは「対面」での営業を得意としている営業マンに当てはまるとおもいますが、少し前にも書きました「飛び込み営業はオワコン」という内容の記事にもありますが、

飛び込み営業が苦手、イヤ、不得意・・と思いながらそれをしている方は、それ以外の方法を考えて(これが大切ですが→)「実行する」ということができる環境になった・・ということです。

このブログでは「飛び込み営業はしなくても営業は十分やっていける!」ということを今まで書いてきました。

「どうやったら、嫌がる相手に聞いてもらえるようになるんだろう?」

「どうやったら、留守ばかりの状況を打破することができるのだろう?」

「どうやったら、説得して買ってもらえるのだろう?」

・・そんな風に悩んでいる方は「ニュースレター」があればこれらは全部一瞬で解決します・・と伝えてきました。

解決する・・というか「別にこんなことは考えないでいい。考えなくなくたって、あなたのことを信じて、気に掛けてくれて、知っている人になってくれて自然に売れていくようになる・・」ということです。

ニュースレターの配付というのは私が17年やってきて、きちんと結果が出せる手法ということがわかりました。それは最初はダメでしたよ!最初からバンバン売れていく方法なんて存在しませんから・・継続してきたからこそ、売れるようになったのです。

お住いの塗り替えがこれからきっと必要になる・・・そんなお家にニュースレターをご案内して回る・・留守でも「必殺の自己紹介」と一緒にポストに入れておき、あとからでも在宅のときに伺えば覚えていてくれる可能性は高くなって、ほんの少しだけ歩み寄ってくれる・・・。自己開示という必殺技は、本当によくお相手に響いてくれます・・。

そして現在は「緊急事態宣言」が発令されました。不要不急の外出は控えなければ・・という風潮になっています。

ですが、これがもっとロックダウンだの・・規制の色が濃い中身になってくると「飛び込み営業は本当にできない仕事のひとつ」になるでしょう。

それに受け手である相手からの、あなたの印象も悪くなってしまいます。そうでなくたって「印象の悪い」とまで言われている「飛び込み営業」・・・ただでさえ、きて欲しくないのです。来て欲しくない上にこの時勢です。来られた方はあなたに「何、考えているんだ!」と思ってしまうと思います。

これは「いままでのやり方ができなくなってきている」ととらえた方がいいと思います。

なぜかというと・・そう捉えた方が違う価値観の方法へ向かっていくことができるからです。

確かにこの騒ぎは収まります。それは確かなこと・・時期はわかりませんが、必ずどこかで収まる・・。そのときにまた今までの方法でやっていけばいいんだよ・・確かにそうかもしれません。

ですが、またこのようなことがおこるとも限りません。ですからそういうときのために「こういう足で稼ぐ」のような方法でない方法も考えて実践して経験として残しておく必要があるわけです。

人間って弱いもので、外堀から埋められないと・・

自分のスタイルってなかなか、ちょっとやそっとじゃ変えられない・・。

飛び込み営業をやっている方は、うまくいかなかったり、うまくいったり・・と成績が安定しない・・または万年うまくいかない・・でも、新しい何かを勉強したり、知識を得たりするけれど、実行に移せない・・。

ニュースレターをやってみようかな?と思っていても「うまくいかなかったらどうしよう・・?」となんだかんだと心配になり、動けない・・。

私だってそうなのです、実は・・新しいことを次々と挑戦していってますが、怖がるときもあるんです。そしてうごけなくなるときもあります。人間って大なり小なり、そういった物を持っているのです。

私の例でいくと・・いっぱいあるのですが例えばこんなこともありました・・。

私が塗装の仕事をはじめて5年くらい経ったころです。ちょうど今くらいの時期で風が強い日でした。私の家から歩いて2分くらいのお宅の現場だったのですが、風当たりの強い場所で飛散防止シートに風がものすごく当たっていたんですね・・。

親方(私の義父)はちょうど旅行に行ってしまって不在だったのですが、このまま強風が当たり続けて足場が曲がってしまいでもしたら・・・。そう思うと「どうしよう・・」とオロオロしてしまったのです。

風当たりの強さで足場の鉄パイプが曲がってしまう・・というのを実際にみたこともありましたし、最悪足場が倒れた・・・にでもなったら・・。親方に指示を仰ぐにも居ないし、当時の職人は遠いところから通っていたので、いまから呼ぶわけにも行かない。

自信のなさも躊躇させているひとつの原因でした。自分一人でできるのか?やったことないし・・?でも、このままにしておいてもし何かあったら・・それこそ・・。

もう自分がやるしかない・・そういう状況に追いやられたのです。そして一人でつぼめに行きました。やってみるとなんてことのないことでした・・。親方にも何にも言われませんでしたし・・。

「外的要因からやらざるを得ない状況になる」と人間は強いものです。

そして意外にも「やろうかやるまいか・・?悩んだわりにはたいしたことが無い」ということがほとんどです。そしてそういうことを積み重ねて、だんだん迷わなくなっていく、躊躇無くできるようになっていくのです。

繰り返しになりますが、今は本当に「変えられる」時期です。環境がそうなっているのですから、逆にチャンスなのです。

「来られるのがイヤ」という方には、逆に来ていただくようにする・・。

「来ていただける」って、本当にラクな営業です。

 

「相手の都合も考えずに伺う」・・・だから「こないで!」といわれる

「聞いてください」とお願いする・・・ 

「買ってください」とお願いする・・・。

こちらから相手に話しに行く営業では、このパターンからは脱出できません。

対して

「相手からきていただく」 「はなしを聞かせてください」と言われる

「買います!」と言われる・・・

こういう営業をし出すと、本当に営業って楽しいです。物を売ることが出来る・・ほしいと言っていただけるって本当にすごい!と思えるし、

お客様のお役に立てている・・と思えて幸せになれます・・。

直接、話しに行けない環境だから、むしろちょうど良いのです!そうでなくたって聞いていただけないのですから・・・それなら自己紹介のニュースレターをつくり、営業をしたい方のところへ渡しにいくだけでいい・・。それの方がよほど、あなたに興味を持っていただけます。 そしてその後は継続してお渡しすればいい。お相手に「合わずに合えます」からこれでいいのです!

これからは「こんな人と付き合わない方が良い」

 今は、誰もが本当に大変な時期です。それでもそれぞれが何とかしようと頑張っています・・。商売が傾く・・と言う人も正直いるでしょう。私も今のところは大丈夫ですが、これからこの状況が長引けば・・と思うと、結構怖いです・・

正直に言えば本当にそうです。でもやるしかない!と思います。金銭的に厳しいのでしたら、融資をうけたりしてそれでもなんとか起死回生のチャンスを狙っていきます。

そんな中で・・いろいろな人の話しを聞く機会もあるでしょう。

ですがその中でも「相手にしない方が良い」人が居ます。こんな話しをして来る人とは近づかないほうがいい・・・そんなお話をします。

(ここから先はほとんど愚痴のような感じです・・・・)

それは「後ろ向きなことしか言わない人」です。

「オリンピックが終われば不況になる・・」これは今の状況になる前によくその人に言われていたことです。確かにテレビなどを見ているとそういう事を言う人もいますし、現実問題としてそうかもしれない・・。

でもそこを生きて行く人たちにしたら「だから?それがなに?」ということなんです。オリンピックの終わり・・のときでも生きていかないといけないのに・・心配ばかりしていてもしかたないのです。そして、

こういう人の最大の悪いところは「ただ、後ろ向きな事しか言っていない」というところです。

「だから、こうした方がいいのでは?」とか、「それなら、こうしていったらいいんじゃないか?」という建設的な意見を言わない。

「ただただ悪くなる・・」としか言わないんですね。こちらも心の中では「だから何?それがどうしたの?」と言いながらも、何食わぬ表情で「そうですね・・そうかもしれないね・・」というしかない・・。だってなにがどうしたって「オリンピックは終わる」のです。終わらせないようにはできない・・。だからそこを言ってもしかたないのです。心配をしてもしかたのないことを、心配”だけ”ししかしていないのですから、話すだけ「時間の無駄」です。

はっきり言ってこういう人は、これからを生きて行く人にとっては避けたい人です。一緒に考えるでもなく、建設的な意見もかわせないので,私はこういう人とは関わり合いを持たないように努めています。

一連のコロナウィルスの騒動・・みんな大変です。それぞれがそれぞれの場所で、一生懸命生きて行こうとしています。1日でも早く終息させようとしています。

この事態になってからは特に私はこういう人を避けています。

当然自分だってどうなるかわかりません。だけど後ろ向きなことを言っているだけで済むわけではないのです。なんとかして行こうとしなければいけないのですから、全てのそういう方に対して、こういう「後ろ向きな事しか言わない人」は不必要です。ややもするとせっかくの自分の持っている勢いをうばわれかねません。

こういう方は年上の方に多いです。なぜかというと「自分は色々な経験をしてきている自負」があるからです。その経験則からオレは言っている・・と言いたげですが、そんなことでこちらが折れてしまえば、本当に終わりです・・。これからの人を終わりにしたいのですか?・・?どんな意図があってそういうことをいうのかがわかりません・・。

年上で経験も豊富・・だから、一見、頼りにしがちですが、相談をしても後ろ向きな事しか言わない・・だから何もでてきませんので、相談もしないほうがいいです。

このコロナウィルスに至っては「未曾有の出来事」です。だれも経験したことのないことですから・・・。それでもそういう方は「もう終わりだ」ぐらいしかいわないでしょう。

まだやっていないことに対して、諦めている様な人とは関わり合うと、本当に自分がダメになりますので、絶対に避けた方がいいです。

大切なのは「これからを考えて、実行していく」ということ。それでもだめならしかたないけれど・・ヤル前から諦めることはしたくない!そういう方は決してこのような方たちとは付き合わない方がいいです。

youtubeなどみていても「コロナで大量倒産」「雇用崩壊」のようなことを”言うだけ”のコンサルタントが居ます。だからどうしていこう!とか、こういうことをして行った方がいい・・とかは言わない・・・。この人、何が言いたいのだろう?と不思議なコンサルタントです。

言ったとしてもせいぜい「こういうことに備えて色々と準備をしていきましょう!」くらいで動画が終わってしまいます・・・。どういう準備をしたら良いのか?位は教えてくれるコンサルタントで居て欲しいと思いました・・。

後向きなことは誰にだって言えます。そこからどうやって行くかが勝負なのです。

今,辛い方も一緒にがんばっていきましょう!前向きに!です。

今回は以上です。営業で何かわからない・・そんなことがありましたらぜひ、お聞かせください・・。お互いに助け合っていきましょう!

動画をあたらしく撮影してみました。今回の記事について話しています。ぜひ

ご覧になってみてください!

 

 

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読んでいただいています。

飛び込み営業の個人宅への適した時間帯とは?話し方のコツなどはあるのか?

自宅サロンのチラシを作ってみたいけれどうまくできるか?心配なあなたへ

ニュースレターのネタは?仕事ネタ?無料ネタ?私のネタ帳の使い方とは?

初めてのことは不安だし、うまくいかないし、失敗もするし・・・だけどそれが大事なのです。

 

 

 

 




明日の仕事がない不安から解放される魔法のお手紙とは?*

↓こちらからお伝えしております。

 

このサイトを運営している、上神谷(かみかべや)です・・・
→ プロフィールはこちらからどうぞ

 

 

*無料のお悩み相談・お問い合わせ*

こちらからメールで承っております。

それと、それと・・・
「直に話してみたい・・・」「メールだと逆になんて書けばいいのかな・・・」

とのお声にお応えして、私とのホットラインを設けました。直通でつながります(いわゆる普通の携帯電話になります)このお電話からのお問い合わせが増えています。ありがとうございます。

080-6633-3456

です。時間は無制限で無料です。 
少しでもお話が聞けてアドバイスができたら・・と思っています。

(※ 出られないときもあるかもしれませんが、必ず折り返します。 それと出られたときでも、一度会話を切り、改めてこちらからかけ直すようにいたします。)

ご連絡、ご相談、お待ちしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です